わーい(嬉しい顔)クリックしてください。ヨロピクです にほんブログ村 環境ブログへ

2011年04月26日

原発は原爆と同じです

 

 原発は原爆と同じです。

『原発なしで暮らしたい100万人アクション in ヒロシマ』にて
原爆投下時に広島で軍医されており、ヒロシマでの被ばく後、六十年にわたり内部被曝の研究を続けてきた94歳、医師・肥田舜太郎先生のお話、
http://www.youtube.com/watch?v=tCV3beH_IWI&feature=player_embedded

  『死にいたる虚構』
    −国家による低線量放射線の隠蔽− 
    ジェイ・M・グールド、ベンジャミン・A・ゴルドマン(著)/
    肥田舜太郎、斎藤紀(訳)
  『低線量内部被曝の脅威』 非売品  PKO法『雑則』を広める会へ 
  
  『内部被曝の脅威』鎌仲ひとみ共著 書店にて
 
 
 
「原爆の子の像」のモデルの佐々木禎子さん
 
 http://www.youtube.com/watch?v=a-PTFkfumvY

  もう一度 原発は原爆と同じです。 
posted by byおっさん at 21:49| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 物言い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月21日

田んぼだ

原発事故で何か調子がいまひとつなんですが(親父の具合と一緒か?)

めしめに田耕しを始めました。(5時は明るいよ)
とんびやムクドリが舞い降りてえさをつつきます。(うめーうめー)
そういえば、ひばりが鳴いていないなあ?(のどかです。)



今年ももちろん無農薬、無科学肥料です。(鶏糞やわらは昨年すきこみました。)
昨年の反省から、今年は連休明けには代掻きをして、雑草の種を発芽させて
田植え前にもう一度代掻きをして雑草処理してみようと思います。(笑われる)
ただ、心配なのはかぶとえびなどの昆虫の成長がどうなるかです。


 動物や昆虫や植物は、時が命を与えてくれます。
 人も時が過ぎれば悲しみだって忘れることができます。
 
 自然は時とともに生まれ、
            育ち、種を残し、
                   生まれ変わっていくことができます。

おろかな人間の英知で作り出された原子力、この世になかった恐ろしい放射性廃棄物、
何万年という時を経ても、消えることはありません。(誰も生きてはいない?) 
大自然と時という力を借りて人智の力が挑んでも 解決策はないのです。”それが現実”
 
 100000年後の安全http://www.youtube.com/watch?v=HCdp_uHZ8e4

だから、ここで原発やめよう!! 子や孫やまだ見ぬ子たちのために

 さて、明日もめしめに田耕しをして、大正生まれの親父の介護して、ほんと幸せです
       
posted by byおっさん at 21:03| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月20日

反原発にむけて

 1957年8月27日、原子力の火がついて以来、原子力発電に対して、「未来や希望のエネルギー」「原発は絶対安全」という旗印の元で、政治家、官僚、銀行、電力会社、原発メーカー、ゼネコン、マスコミなど言うとおりで、何も知らずに私達は信じてきましたが、今回の事故を契機に様々なことを学習しています。結論は、ただ互いの利益の追求のための御旗で「原発推進」されてきた事であり、環境や人の安全は二の次の考えであったことに、悔しく、情けないです。

そんな反省もこめて、原子力資料情報室http://www.cnic.jp/はよく見ます。

原子力問題に関する情報を市民の目線で提供しています。この団体は世界からも信頼されている認定NPO法人の原子力関係の情報機関です。チェルノブイリの事故のときは、宮内庁から政府の情報は信じられないので、原子力資料情報室に問い合わせがきたというエピソードもあるくらいだそうです。

認定NPO法人は寄付金が控除になるので、税金払うより、寄付をして応援したいと思います。
 
原子力の恐ろしさを科学者としての探求と、人の心を持つことで葛藤した後、人として生きる道を選び、個人の力で、原子力の持つ奇特さ、不安や危険さをみんなに共有してもらうために原子力資料情報室を立ち上げられた、今は亡き高木仁三郎先生http://cnic.jp/takagi/も、この事故をどのように思っているのでしょうか?

 それから、【PKO法『雑則』を広める会】です。
1992年にPKO法に危機感を抱いた女性グループで、原発問題に取り組んで『私こどもを生んで大丈夫ですか』・『死にいたる虚構』・『放射線の衝撃』などを自費出版しています。 

 お読みになりたい方は0422-51-7602・047-395-9727へ

 昨年の夏に発刊された『アヒンサー 未来に 続くいのちのために 原発はいらない 1号』の冊子は下記の三人はそれぞれ原発問題を考えて、一人で行動を起こした資料や発言内容で構成してあります。
大人たちに伝えたいこと 愛媛県・小学校6年生 鷲野君、
反核の町は福祉の町に変わった 高知県東洋町町長 澤山さん
ふるさとの海を守りたい 北海道岩内・斉藤さん、

  【すべては一人ひとりから始まります】のとおりです。そして、続いていかなければと思います。
posted by byおっさん at 19:48| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 物言い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。