わーい(嬉しい顔)クリックしてください。ヨロピクです にほんブログ村 環境ブログへ

2007年04月08日

見てきましたよ

ただいま戻りました。(エッペ飲み会がいっぱい飲んでしまった。)
映画、良かったです。・・けど、初日なのに、観客が少ないことは寂しさと、憂いを感じました。それでも、今の状況でできること、やらなくてはならないことを再確認。また、茹かえる(油で帰る、ことできず、タクシー乗っちゃいいました)は、万国共通の例えでした。熱湯にかえるを入れると、熱くて飛び跳ね逃げるけど、水の中に入れてだんだん暖めると,状態になれて、心地よくなり、最後に死んでしまうまでじっとしている。(深いぞー、フカイ、風の谷のナウシカか)

【不都合な真実】って日常どこにでもあることなのです。わかりやすく言うと、エイズ問題がそうですよね。タミフルもそれに近いかも?。で、映画の中で、常識や当たり前に思われていることの不確かさを、ほんとの現実を知ること、そして、何をできるか問いかけながら生活すること。環境を考えて実行する政治家を選ぶこと等、ゴア氏は、問いかけていました。(日本”やるじゃん”なんて思うことは大間違い!)詳しくは、映画でね。

 長いものなんかに巻かれず、マスコミなどに惑わせられず、開き直って、どうせ、一生、一代だから、現実を見、語り、自問すること。そして、できることとして、この青空を飛ぶ鳥たち、きれいな川を泳ぎ回る魚たち、そして、土や大気、子供等に、今のままの状態の自然を残して行くことを、自分の裁量でしていくことが大切なんです。
文明、技術、経済、貧困、戦争、・・・etc様々なことが複雑に絡んできますが、答えはあります。  ”お互い、自分の中にね”

posted by byおっさん at 01:26| 長野 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月06日

さあ、始まり始まり映画だよ

  英国の研究グループが、南イングランドで5万2000以上のキノコ(子実体という、子孫を残す手段として胞子を飛散させる目的で「子実体」を形成する)のデータの調査をした結果、温暖化などの気候変動の影響で、かつて年1回だったキノコの形成が年2回に増え、「落ち葉などを分解する菌類の生活変化は、生態系全体に大きな影響を与える」と警告している記事が掲載されてました。‘(日経新聞4/6朝刊)

 喜んでいいのやら(春、秋2回も収穫できる。)悲しんでいいのやら(生きている自然の姿を、子供たちに残してやれるだろうか?)。 ほんとうにこのまま、科学や、技術が進歩して、さらに突き進んでいけばどんな結末になるんだろう、希望より不安が大きいのは、おっさんだけじゃないよね?。
長野で(長野ロキシー)、明日から上映される”不都合な真実” みんな、目 行こうよ!!http://www.futsugou.jp

 おっさんも友達や、知り合いなど誘って行きます。映画の後は、お決まりのエッペ会です。寂しがり屋の中年おっさんが、居酒屋でたむろして、環境だの、バイオだのと話していたら、声をかけてくださいね。(女性大歓迎?)  ”お銚子でも ビール でもおごりまっせ”。
posted by byおっさん at 16:38| 長野 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。