わーい(嬉しい顔)クリックしてください。ヨロピクです にほんブログ村 環境ブログへ

2011年01月20日

大寒

親父は日によってまた時間によって、体調が変化する。
自分でどうにかできるわけはないので、成り行き任せである。
そんな親父の老化や痴ほうは、俺ら兄弟等を人生の糧となるようにと
天からプレゼンされたと前向きに考えもするのだが・・・。
現実の介護はいらだったり、怒ったり、急がしたりして、日々ご都合主義でしてしまいます。

携帯電話や車やパソコンで、毎日がスピード、効率、利便さを感じながら生活しているのですが
時折、これでいいのかと考えることが多くなりました。
大寒の今朝、いつものようにまだ闇の5時に起床、外で星を眺めながら凍みる体で
この空や空気や自然はは昔からずっと変わらずにあったんだと気づかされました。

立ち止まっても、前にに進まなくても、何も考えられなくても、
この凍み入る寒さと針のような空気の厳かな朝に、心は奮えてがんばろうと思いました。
posted by byおっさん at 20:14| 長野 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月29日

里まで来ました。

色とりどりの山の紅葉がきれいです。

P1000607(1).JPG   P1000609(1).JPG   P1000604(1).JPG

  もうすぐ一面セピア色のページになります。(センチメンタルオッサン)
                 


 
posted by byおっさん at 10:36| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月04日

キノコ採り

山はいいな、メシメはキノコ採りにいきました。
標高1700mでも、漆が赤くなり始める頃で紅葉はこれからでした。
   yama22.JPGurusi1.JPG
木に生えているキノコが本当の木の子です。なんてね、本当に木に生えてる大好きなキノコのヌメリスギタケモドキです。ぬめりをとり調理します。肉厚なのでなんにでも合うおいしいキノコです。

sugitake1.JPGsugitake55.JPG
オシロイシメジです。初めてキノコ採りで山に連れて行く場合藪の中に白いのが目立つこのキノコを採らせます。スパゲティには最高ですよ。
通称、「ティシュを探せ」の合言葉です。運が悪いときは、○○コの後始末であります。その後はキノコがたくさん採れる運が開けるようですが・・・・。
osiroi.JPG

スーパーの袋での収穫は厳禁です。キノコの胞子が舞うよう魚篭で持ち運びましょう。キノコはオッサンの場合は、種類によって株立ちしている場合は、手間ですがカッターで大きいのだけ採り、来年も同じ場所に群生してくれるよう残しておきます。
家に帰って調理するときも簡単でゴミも出なくいいですよ。
posted by byおっさん at 10:08| 長野 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月30日

宇宙船地球号の番組

いい季節になりました(食欲と熊に注意しましょう)
五感を生かして野山に入るには最高です。皆さんもキノコ狩り、紅葉狩り、星空観察、自然に思いっきりふれあえればいいと思います。しかし、楽しみにしているオッサンのキノコ畑は環境の変化(高温少雨)で不作です。今日は、朝から雨降り、志賀高原はマイナス4度になったりして霧雨がすこし雪になって舞ったようですから、何とか今週はキノコの山に巡り合えるよう再チャレンジしてきます。
 
 昨日、テレビ番組の宇宙船地球号で、地球温暖化やヒートアイランドの現状と問題提起がなされていました。ヒートアイランドによって引き起こされた熊谷市の高温、都市型ゲリラ豪雨、異常気象による竜巻、巨大化する台風等のメカニズムは勉強になりました。又、2030年頃には、東京は亜熱帯地域となって、長野に子供がヒートアイランド疎開する話がありました。東京が中心のシュミレーションですが、温暖化は地球全体ですから、長野もその頃は、自然の生態系も変わっていて疎開はどうかなと疑問を感じました。残念ですがきっと長野はりんごでなくみかんの主力産地になっているのではと思います。
 温暖化や環境問題の番組見るたびに、制作する側の人たちが、この問題を捉え自分たちでできる事をどんな行動しているのかを考えてしまいます。今日の宇宙船地球号SPは番組を制作するだけでなく、実際に行動に移すようですので楽しみです。
posted by byおっさん at 18:52| 長野 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月24日

勝手なり

ショックな記事が今朝の日経にありました。
絶滅危惧種のマウンテンゴリラが世界遺産の登録があるビルンガ国立公園で射殺が相次いで行われている。背景は公園内の森林を不正伐採する業者が、動物の保護活動に当たっている保護当局に圧力をかけるため『見せしめ』でゴリラを殺しているらしいとのこです。
 
 これらの地域では、内乱による難民キャンプの燃料や食料、商業目的の森林伐採と農業の拡大により、森林が失われています。結果として、動物たちの保護区を作り、保護活動を行っているのですが、森林を伐採して、商売に励む人たち、かたや動物たちを密猟などから守るために保護活動を行う人たちの争いで、人間の都合だけですよね。そうです。天敵は、人間なのですよ。
 前にブログで書きましたが、インドネシアのオラウータンと同じですよね。ゴリラは暴力的なイメージを持つ人がいますが、本当は、気のいい、穏やかで、やさしい感情をもつ知的な生き物だそうです。ゴリラが怒るのは、家族、特に赤ん坊が危険にさらされる時ぐらいと聞きます。ほんとうにゴリラがかわいそうでなりません。なにか、無性に悔しいです。

 信州も初夏から熊注意報が屋外放送で流れます。でも、里まで降りてくる原因を作ってしまったのは誰なのか、奥山まで人の手が入り開発され、緩衝帯の里山は過疎で大荒れ、山と里の区別があって動物と人間が棲み分けできて、共存できていたはずが・・・・?

 自然は、生あるものすべてのためにあります。やがては、亡がらは自然のために大地に恩返します。それが地球に生まれ育ててもらった証だから・・・。せめてふるさとの密林ジャングルに埋葬してほしいものです。
posted by byおっさん at 16:40| 長野 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月19日

感じる暑さは?

 長野は異常な暑さも少し和らぎ、朝晩は秋の風が感じられます。暑い暑いといいながら、もう少しで今度は寒い寒いかな(勝手ですよね)? 今夏は事務所に毎朝5時半ごろに来て、窓の全開、水撒きを徹底、おかげでエアコンは2回ほど使用したのみ(でも、皆さん暑くてごめんなさい。)わが愛車のルポTDIとKトラは、エアコンがついていないので、信号待ちや渋滞時は毎年のことですが、我慢、我慢、の連続、なるべく車で出かける時は、朝か夕方にしました。でも、皆さん昔はどうだったでしょうか?団扇、風鈴、ところてん、ヨシズや朝顔の日除け、五感で涼を感じていましたよね。今は、体感温度で冷やしますよね。

 慣れは不思議なものです。温暖化により、将来日本は平均気温が6度上がるといわれています。だから体も熱帯地方の人みたいに慣らしておかないといけません。五感も自然と触れ合うことで、良くしておきましょう。日陰で、十分涼しいと感じられるようにね。

 報告です、野の野菜たちは、ほとんどが力つきました。苗や種が1台交配のF1だったこと、水くれしなかったこと、いろんな原因がありました。そして、育ち方、生り方はスローで、味は濃い感じですが、水分があまりなく固かったです。(伝統種を準備して来年再挑戦)
ちなみに、月見草の葉のサラダ(生、茹で)どちらも不味かったです。種はもう少しでできそうなので公開しますね(1mm位で小さいです)。
posted by byおっさん at 13:42| 長野 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月18日

積小為大

 忘れていた言葉です。近頃はあまり名前も聞くことがない、二宮金次郎の話です。知っているでしょうか、勤勉さは、戦争にも利用されたりしましたが、学校には必ず銅像などがありましたよね。(教育で信じさせるのは大日本帝国だった?)
 大自然の恵みに感謝しながら、自分が信じたことを精一杯行うことの教えでしたかね。話は、金次郎が16歳頃、友人より一握り(五勺、約0.1リットル)の油菜の種をかりてその種をまき、翌年7升、約15リットルの収穫を得て、勉強に励んだこと。又、植え残りの苗(捨苗)を拾い集めて荒地に植えて1俵の米を得たそうです。
 小を積んで大を為す。「積小為大」これこそ、地球にやさしいエコ活動のあり方だと思います。
 電気をむだなく使う、ごみを減らす、リサイクルを進める、水道を節水する。徒歩や自転車を使用するなど。気がついたこと、思いついたことを、ひとり、一人がライフスタイルに少しの無理と我慢をして行うこと。エコはエゴでがんばりましょう!!
posted by byおっさん at 20:32| 長野 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月14日

いつもの枝です。

森林組合が募集していた、ブナ林の有名なカヤの平の区画を友人が借地した。もともと山登りが学生のころ好きだったのだが、日々仕事で数十年忘れていたようだ。数年前からオッサンと山に行き、キノコ、山菜取りなど自然と触れ合う機会が多くなったことで、何もない自然の中に自分をおいて、ゆったりとしたくなったみたいです。なんか刺激をしたことは少しうれしいです。盆もないオッサンの事務所は来客予定があったりして、山の下草刈りなど応援に行けないのが残念です。自然の中で、汗にまみれ、風や虫や木々の息遣いを体感できるといいなあ。

 環境問題は様々な形でいたるところにあります。とかく、オッサンたちは、欲で、浪費社会になんでも求めたり、日常の生活でも、あれをしたからこうしてとか、してあげたのだから当たり前の気持ちでいますが、自然は違いますよね。自然は与えるだけで何も求めません。自然のように何も求めず、与えたり、示したりする事を見習って、少しづつでも自分でできる事を実践したことで、広められるようになれればいいなと思います。
 まずは、畑を5反部借りたので、背丈の程の草を刈り、畑つくり、菜種栽培にチャレンジです。そして油を搾るぞ!!
posted by byおっさん at 17:53| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月06日

森の人オラウータンが・・

 インドネシアの熱帯雨林の原生林は、石炭、木材の資源開発で森林伐採に加えバイオ燃料の原料となるパーム油生産の農園開発で森林を焼く方法で開発が進んでいる。国連機関は「25年後にはオラウータンの生息地の大半は消滅」と警告。又、焼き森林によるCO2排出は、莫大な量で、世界3位との記事が日経新聞に載っていました。近隣諸国まで健康被害があることも書かれてました。(おら、うー、痰、が出て困る。)
 人間の祖先であるオラウータンは「森の人」とよばれているらしいが、森や林にいくと安らぐのは先祖のDNAなんですかね.(人は木でやすむ)なんてね。
 前にも、ブログに書いたが、バイオ燃料が引き金のパーム油問題、大豆、モロコシの食料問題は、環境問題の対応ではなく、企業が資本投資しての利益追求に根源があると思います。いずれも、おっさんたちも加害者であり、応援団でもあることは間違いないのです。スローガンは、「人間の人間による人間だけのための世界を維持するために!!」
 
 フミツヅケラレル アリさん   ナキツヅケル  カエルさん 
 ホエマクル    イヌさん   アルキマワル  クマさん
 ハシリツヅケル  シカさん   ナゲキツヅケル ゾウさん
   
  ソシテ、ナ・ミ・ダ・コ・ラ・エ・ル オラウータン    
posted by byおっさん at 00:52| 長野 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月07日

不都合の真実のDVD

『不都合な真実』のDVDが発売されるので、10枚ぐらい購入して学校や公民館に寄付しようと思ったらDVDは著作権があって、みんなで鑑賞することができないことを知りました。じゃあ、著作権の許諾があるDVDを購入してあちこちで無料上映会しようかなと思い、売ってないのかネットで探してみるが、レンタル料10万のDVDそれも1回の上映権つきがほとんどでした。(六ヶ所村ラブソティのDVDは13万で売却可能だった?)
 通常の映画など制作費などで莫大な金額がかかり、その仕組みもわかりますが、ゴアさんの『不都合な真実』はドキュメント映画(制作費は少ない?)です、ましてや地球上の環境問題を提起してより多くの普通の人が見て考え、環境にやさしい活動を実践してもらうために作ったのですから、少し商業ベースの枠組みをはずし、著作権の許諾付のDVDを安価で販売してほしいです。(より多くの人が見て行動できるように!!)オッサンは個人的に見る『不都合な真実』のDVDがあるので個人的に見たい人はタダでお貸ししますよ。

posted by byおっさん at 11:27| 長野 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月27日

ねじ花

 大好きな花が咲いています。
”ねじ花”っていいます、本当の名前は知らないけど、小さい紫の花が、ねじをまいて咲いている姿が、負けないでと声援を送ってるようです。(オッサン、ZARD坂井 泉水ファンでした・・)越冬時期になっても葉は青々していて、芝よりもしっかり大地に根が張っているので、力強さももってます。
              nezi005.JPG

さて、今日のリクエストは、ZARDとダカーポの”野に咲く花のように”かな??
posted by byおっさん at 19:39| 長野 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月21日

タケノコ取り

入梅、恒例の根曲がり竹のタケノコを志賀高原でゲット!!
takenoko1.JPG.JPG
 長野では、この時期スーパーの缶詰の棚から、安いサバの水煮が消えるのです。それは、タケノコとサバの水煮の味噌汁を食べるからです。闇ナベみたいですけど”美味い”ヤミツキですよ。まあ、得意の天ぷらも塩でいけますし、焼いたマヨネーズも美味!
 取るのは、命がけ(オオバーかな?・熊にバッタリ、竹やぶで行方不明??)すり傷たくさん作って戻りました。今度は、渋峠で挑戦です。(キツー!!)
posted by byおっさん at 22:45| 長野 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月15日

家のそば畑と田んぼ

soba.JPG tanisi.JPG 田んぼのタニシは増えた               
                      残してあげらるだろうか
                      誰の物でもない風景を
                      残されるのは唯一心の中??? 
              
 東京から車で帰ると、佐久を越えたあたりから長野の景色になりホッとする。電車も同じく千曲川や山を見ると安心する。そう、いつしか心の風景なるんだよね。長野はいいよ、自然がメリハリ。てまえ味噌(いい味でてるよ)
posted by byおっさん at 22:31| 長野 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月08日

素朴な疑問

 本当の自然とはなんなんでしょうか?とコメントを受け、本当になんだろうかと素朴な疑問に、おっさんもちゃんと回答はできません(ごめん、一緒に考えられたらうれしいです。)

 まあ、むずかしく考えないで、旅にでたらいつも違う風景に感動する事と同じように。(若者よ、旅はいいよ。”いってらっしゃい”気をつけて)都会にいればコンクリートジャングルですからね。区画された田んぼでも、緑色と水面とのコントラストに感激したりして、ひとそれぞれの感覚でいいのかなあ?。

 経験から、好きな人ができて飾らず生てられることや、同じ景色を見て感動できたり、食事を仲良く食べてうれしい気持ちになるのも、自然からかな。感動しようよ、いっぱい! 山に行き(山へ行こうよ!竹の子と体力づくりを兼ねがら)、大きな背伸びと深呼吸をして心地よい事、海を見つめて、波の音を聞き心まで洗われる事、五感で感じる環境を与ええくれるのが自然かなとも思うよ。

 人間がもって生まれたありのままの気持ちをだせることが自然、鳥になり、魚になり、海にもなれる。本来、人には命あるものすべて一緒なれる感覚あったのではと思う?。
 
 そして、昔、昔、自然と人はともに生きていた、持ちつ持たれつしてね。そのことを、みんな忘れないでいようね。



posted by byおっさん at 20:59| 長野 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10日は映画の日です。

 群馬のSさんが、上映会の手伝いにきてくれる事になった。
彼は都会の出身で、新幹線で都内へ通っている。自然とスキーが大好きで群馬の里山へ移住、でも長野の山や自然に感激し、またまた移住計画を思案しているようです(応援しますよ)。都会から訪れた人は言います。長野は『自然がいっぱいだ』と
確かに、山や森いたる所に、呼吸している大地や木々があります。
 だけど・・・・・。
おっさんが子供だった頃の思い出と『今、現在』重ねると不安です。
 目には見えない、すぐにはわからない、自然は静かに変化してます。
自分たちには、関係ない。影響ないから構わない。しかし子供たちが大人になる頃のこと想ってみてください。・・・どうですか・・・
   『どうすればいいのか』
                  『諦めてからでは何も生まれない』

とりあえず興味があれば見に来てください。
                  ”何かできること見つけるために”

そうそう、明日、わが事務所も総出で(2人きり、Sさんで3人)
廃てんぷら油でキャンドル作る予定です。うまくいけば、来場者にプレゼントをと考えてます。
   ・・・・・誰か・愛の・お手手を・・・。
  
     

posted by byおっさん at 09:03| 長野 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月07日

想いだしてごらん

  春
 
 ふきっ玉とり じいちゃんばあちゃん喜んで
 ふき味噌食べて苦笑い
     
     夏
 
 でっかいクヌギでクワガタ捕り 川で魚捕まえて
 ずぶぬれ泥んこ気持ちいい
        
        秋
 
 栗ひろい アケビとり 藁の山でかくれんぼ
 帰りあぜ道カラスと一緒に唄いだす
           
           冬
 
 鼻水拭いたハンテンの袖ピカピカ ホッペは真っ赤
 転げまわった雪の上 雪だるまが動いてる

 ふと思った
      
     あの時の風景は今もそこにあるのに
             
            なぜかどこにも見当たらない

posted by byおっさん at 10:01| 長野 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月23日

自主上映会

 長野県○野市の若い女性が来月【六ケ所村ラプソディ】核燃料サイクル施設のある青森県六ケ所村を舞台にした、ドキュメンタリー映画を自主上映する記事が地元紙に掲載されてました。【核】という普段身近に感じられない環境問題に対して、上映会という形で取り組まれること、その行動力にとても感動します。(すばらしいね)。記事には、『環境に関心のない人たちが知る機会になれば』、『人ごとではなく少しでも自分のことののように感じてもらえば』とコメントがありました。
 おっさんも、何かお手伝いをできたらとさっそく申し入れました。(若い女性だからってか、違うよ。感動ですよ)。電話の会話のなかで、【不都合の真実】の映画は、長野は関心が高まらず不調のことや、環境にはあまり無関心なこと話しました。(自然に恵まれ過ぎてるからかな?、景気が悪いからか?うーん)
 六ケ所村核施設の建設には村民の賛成派、反対派など、様々人間模様があったことは、テレビで見たことがありました。現在、核と共存するしか道がない村民や村の姿に大変興味を持っています。そして、身近ではゴミの焼却炉設置場所問題のこと、消費してる電気やエネルギーのこと、遠くは沖縄基地問題、イラクの戦争のこと、様々な事を連想させられます。そう自然環境のことも気になります・・・・・・。(見てのお楽しみ)

6月10日。中央公民館にて、午後1時30分、午後6時から2回上映です。前売り800円、当日1000円、中学生以下無料です。前売り券は平安堂、北信ローカル)お待ちしてます。
posted by byおっさん at 21:26| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月22日

美しいってか

 阿部首相が【美しい国づくり】をスローガンにして、国民にあなたが思う、日本の“らしさ”“ならでは”とは、何ですかと問いかけ、答えを募集している。又、今度のサミットでは、日本政府が環境対策で【美しい地球】を表明するらしい。何がなんだか口先だけのイメージ先行で、明確なものが見えず、『あなたが思うきれいなお化けを教えてください』と聴こえます。現に、首相のリーダーとしての指導力のなさから(だから○○室たくさん作ったんだよってか)、京都議定書の温暖化ガスの削減の目標達成にもさまざまな利害関係で黄色信号が点滅しています。
 本物の日本の美しさは、農・漁山村にあります(文化・自然・人々等)でも、そこは自然豊かであると思われていますが、どの地域においても、少しずつ温暖化の影響で、生活を脅かす変化が少なからずおきています。(長野では今年の暖冬、極少の降雪・春は寒暖の激しさ)

 ゴア元副大統領のドキュメント映画【不都合の真実】は、『目を覚ませ』『この地球の危機だ』と叫んでいたように思います。映画を見なければ、こんな警告や注意に驚きませんでしたし、関心も深まりませんでした。(ゴア氏に拍手)
お上の人たちこそ、日本のならではの官僚主義を途絶えさせ、政治家は仮面を自らの手で引き剥がし、【美しい国づくり】の募集要綱の一つ「これから作り上げるべき美しいもの」にならなければと思うのです。(覆面とったら選挙応援すっからよ!)素にもどり、裸になれば、大企業に偏らず、地方と都市の格差、経済的格差に目をむけ、日本の原点の農・漁山村のもつ持続的な経済活動が見直され自然の大切さがわかるのではないでしょうか


posted by byおっさん at 23:54| 長野 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月19日

ワカサギの天ぷらだ

IMG_1933.JPGワカサギを頂きました。生みの親は北海道、育ての親は野尻湖、信州の最北端にある湖です。今年から野尻湖のワカサギは、卵からのふ化が成功したので、野尻湖産だよ(パチパチ)。これからの季節、バス釣りで賑わうようです。バスといえば(排気ガスすごいよね。ちゃうちゃう、ブラックバス、意味深)、日本各地で在来魚の減少の一因として問題になっていますが、一番は、人間だけの都合で、人間の利便のために、人間だけに良い環境を作り上げてきたのが、ダイダイ原因だと思います。
 川は、コンクリートの護岸でかため、山には道路やダムをつくり、列島改造なる高度成長期には、おっさんも、何も考えず時代を走っていました。漁業も収穫量を挙げるため改良されたり、外来種を導入したりてました。が、そんなこと要求したり、消費している自分達は、あまれば捨て、飽きたら捨て、自然にご迷惑ばっかりかけることだけを繰り返してきました。今もですね。(反省猿、反省はザル、反省は去る。すまん。)
 先人たちが長い時間をかけてはぐくんできた“自然とともに”の文化は・・・・・。(消える?)。長い歴史の中で、おっさんが生まれてから死ぬ間はほんの瞬きのですよね。でもこんなに変わっています 長い歴史を振り返ることできなかったら、山に行き、川にいき、海に行き、畑に行き、見つめてみたら、別の空間の生き方、発想を考えられると思います(おっさん、してます)。そして、目先の欲目を、孫や、子供の目に変えることができるよう挑戦してください。
    さて、ワカサギの天ぷらできたかな、廃油を集めなきゃ!

posted by byおっさん at 20:48| 長野 ☁| Comment(5) | TrackBack(1) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月14日

ゆったり

 ネオン光線を浴びすぎて(単なる飲兵衛おやじ)体が弱ってきたので、メシメに山に散策にいきました。朝、雨が上がって、すっきりとした緑や大地に、大きく深呼吸、空気がうめえ、シャキシャキです。もうひとつの目的は、片栗の花です。(山菜のたらの芽、こしあぶらの芽の具合が究極です。)
 城山という里山の雑木林に、片栗の群生があるのです。片栗の小道として、少し整備され訪れてくる人も少し多くなりました。
 でも、歩いていると、興ざめする景色がみえてくるのがとても残念ですが・・・(廃棄物処理場と焼却炉2社)
 群生は、見事でした。ウーン春だー。腹式呼吸にお腹が・・・(雉うちは、我慢しました。”失礼”)
 慌てず、ゆっくり登っても、心臓パクパク、息もたえだえ、日ごろの運動不足と不摂生を反省するのです。芽吹きを始めた木々の黄緑色、山桜の薄ピンクのつぼみで目を洗い(夜の蝶や蛾の見過ぎ)、野鳥たちの声で喉と耳を直し(カラオケし過ぎ)、しっとりとした大地でやさしさをもらいました。(足裏マッサージ)ゆったりとしました。
 

 雨上がり  穏やかに咲く  片栗の
  
          うすむらさきに  木漏れ日落ちる


           IMG_1926.JPG
posted by byおっさん at 11:04| 長野 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。