わーい(嬉しい顔)クリックしてください。ヨロピクです にほんブログ村 環境ブログへ

2010年03月16日

本当のことははどうなの

 マスコミ報道やネットで伝えられることで“本当のことは”どうなのって?そして、“何で“と思うことが多いです。

 たとえば、アメリカとの密約は、一部分の公開で歴代の総理や外務大臣は公表を控え、当時の外務官僚は守秘義務を盾に無言のまま終わらせてしまう可能性が大
日本の調査捕鯨の実態やシーシェパードの活動、オーストラリアやニュージーランドの政府関係筋では、鯨を捕殺しなくても生態調査ができることを立証している趣旨発言、はたまた鯨肉の転売事実?イルカ漁を問題提起した(ザコーブ)の映画の物議・・・

 このザコーブは、日本でイルカを虐殺して肉を食べる慣習をドキュメンタリー映画にしてアカデミーなんとか賞をとったらしいい。残虐極まりない部分の事実だけの報道が過熱すると、本当は日本の近海の魚は水銀等が多量に含まれていて危険なことを知らせるために映画を作ったという弁明話もある。食の倫理感か動物愛護の映画?それでは、ニュースとしてはつまらないが、世界中の人々に愛されているイルカを食べるとなれば話が違う、映画の宣伝はお金をかけなくてもいいのだ。見てないので本当のことはわからないが、かといって見にはいかないと思う。そして、又踊らされている自分もいます。

 犬を食べる国もあれば、牛は神聖なものとして、牛肉は食べない国もある。でも、その国では乳牛を肉牛の代わりの牛肉として高く海外に売却し利益を得ている。

 食だけでない、かわいいウサギだって薬品の材料に大量に飼育され、虐殺されている。衣服の毛皮だって生きたまま(半殺し)動物の毛皮も剥ぐのが当たり前らしいのに、それは何も問題とはならないし、マスコミでは取り上げられない。

 どこかに落としどころがあるようにし、興味の持てる部分をうまく引き出してして、イメージの仕方で善にも悪にもアプローチできる報道のテクニックに踊らされているような気がします。そして、毎日がたくさんの情報が流れるネットでは口コミや感想を評価してあたかも真実であるかのような錯覚を起こして判断している人たちが、大多数の意見になっている気がします。しかしながら、少数意見もネットでは生かされているので救われることもあります。

 やはり、前にもブログに書いたけど、オッサンもみんなも『知足』そして、『生かされ生きていること』を忘れてはいけないと思います。そういう視点で物事を見てみることも大切です。

 で、で、オッサンは、時々やはり毎日の生活の中で当たり前にしてることを当たり前にできないと思い行動してみること、たとえばご飯を食べることをやめ断食してみる。暖房を止めて布団に丸まってろうそくの明かりで行動してみる。テレビやネットの使用をしばらくやめてみる。そんなことしながら、これからの物の考え方や生き方のヒントを見つけながら生活しています。(何!してるの、何!したいのってよく言われますが・・・。)
 
 本当はどうなのって自問中ーーー
posted by byおっさん at 11:10| 長野 | Comment(0) | TrackBack(0) | たわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月13日

幸せ

   いろんな人とであって
   いろんなこと見てきて
   いろんなことを覚えて

 いつの間にかいろいろ区別のできるめがねをつけていった
            
                 そうして、大人になってきた

   正しいということも
   
   間違っているということも
   
   善いことも、悪いことも
   
   本物のことはわからずじまい

   素直だったり、わがままだったり

   好きになったり、嫌いになったり

   幸せを感じたり、不幸を探したり

   知恵を出したり、身を売り出したり
   
   本当の自分をみつけられずにいた

  
 いろいろなもの手に入れれば、幸せに満ち垂れるような思いがした

                 そうして、人生を過ごしてきた

    

    でも、笑いたいときは体いっぱい笑える
            
    泣きたい時は手放しで泣ける
    
    すべてを放し、すべてを忘れ
                 
    素直な自分でいられる時が一番幸せだ。
posted by byおっさん at 19:38| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | たわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月02日

寒中の閑

大不況で仕事がめっきり減りました。

政治家(3面記事の記者かよって)は与党も野党も粗捜しでグチグチだらだら、スキッとした方向性をしめして、リーダーシップが欲しいです。


かつてビジネス最前線でがんばっていたときは、結果がすべてでした。

「多く」「早く」を追い求めて、慌しく過ごしていました(その後も同じかな?)

 でも、何か大切なものを忘れたり、見えなくなったり、聞こえなくなりそうで、「忙中の閑」をみつけ、自然にふれたりして自分の声を聞くような「フリ」していました。
 
 そうです、残念ながら、あくまで客観的な価値観、他人の評価を気にして、「本物の声は」小さく聞きづらいので、周りが騒がしいことを幸いに聞こえなくしていたのでした。


   大寒ですが温暖です。そしてとても静かです。


   「今いる自分の場所」はどこなのでしょうか?

     どこに向かって歩むべきなのか?

 どうも、同じところをスピードを下げてるだけで、グルグルと走り回っているだけのような気がします。


      目を閉じて、
     
          耳を澄ましていれば、
              
                 何も考えられず、

       風や雪や水の小さな声が聞こえてきます。


     「今ここにいる」ことだけは、確かなことです・・・・・。

続きを読む 日々是好日
posted by byおっさん at 11:22| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | たわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月01日

身勝手・・・・・。

 このごろ、仕事の折につけ、「身勝手」に考えさせられることが多くなりました。まあ、このブログも身勝手に相違ないのだが、
(自分もかなり頑固で身勝手になってきたと自覚する毎日、耳くそほじりよく聞く耳もって、謙虚であるべく反省、反省です。)

 仕事関係で出会う人たちは、真面目で普通の人たちです。でも、どこかに「皆一緒」の考え方があり、かつ、自己中心的で、自分の思っていることをただ言うだけで、相手方がその通りに行動してくれると思い込んでる一方通行的な対人関係が増えました。(ネットで繋る価値観?)

 自分の価値観で世の中を見ているつもりでいろいろ言ってはみるが、その実は周りに合わせている場合が多い人たち。又、勝手気ままでも、人に迷惑さえかけなければよいとしているのですが、迷惑をかけていることに気に付かない人たちが増えました。

 おっさん世代や、それより上の学生時代、皆と一緒で安心し、わけもわからず反社会体制運動を、会社に入れば安定した生活の会社人間に変わり、銭がすべてのバブルを煽り、社会順応型体制を遵守、定年迎え年金もらうと、会社ばかりが人生でないといいながら、人生の再出発している団塊の世代が、特に反省しなくてはいけないと思いますがいかがでしょうか?

 
人を粗末にすれば、自分も粗末にされ、
          
             自然を壊せば、生きるものすべてが壊れる
posted by byおっさん at 15:02| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | たわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

ご利用限度はありません

降り続いた雪模様の空も、《青空だー》といわんばかり気持ちのよい日和です。

新春を迎えてから、雪に酒にまみれ早半月、疲れか? ノンベエダラリンと過ごしてきてしまった。老い?(オイオイまだ五十ン才だろ)、朝は6時には起床、散歩、ラジオ体操それなりに気張ってこなしているが、実は体は重いのです。ただのデブ?(餅の食いすぎ?)。

早く借金かえすべく、気張って仕事をしたいけど、この不景気には、お手上げですね。(バンザーイ!!笑ってごまかそう。)。誰だあわてず、気長になんて。銀行待ってくれないよー・・・・利息は返すよー。
 で、親方日本も借金大国(子供達が返すから返さなくてラッキー!)
 
 借金といえば、国債発行で国民に大借金させておきながら、様々な税金を作り、取立て、文句もいえずに払うようにして、よい世の中為に利用している見せ掛けのシステムを自分達の為に作った、官僚と呼ばれる人たち、天下りや公益法人で税金を頂いて肥えているお役人仲間はさすが頭よい、賢い人なんだなと事業仕分けなどで再確認しました。

 そこで、お母様から幼少の頃お年玉1000万はもらっていたであろう人に気付いて、これからは税金は目的税にしてわかりやすくして欲しいのです。
 
 世間では、お金や物でなく、様々な価値観で充実した生活している人たちがいます。しかし、ほとんどの人は毎日の生活で精一杯です。で、所得が減ったり、給料が下がると、やりくりしながら、品物を安く安く求めるようになります。経済評論家はデフレを悪くいっていますが、安くなきゃ買えないんだよ!!。又、がんばっても報われないから(休みもなく、長時間労働で!!)・・・・とやる気をなくしてしまう事が時々あるのです。やりきれなさ。それでも、思い直しよりよく生きたいために必死に生きているのです。
 
 大手マスコミも報道精神を忘れ(もともとか)視聴率稼ぎに政治資金などを連日取り上げいますが、昔から同じなのです。そういうシステム社会を作り、我田引水をしてきた戦後から今までなので、政治はお金が会社にコネがいるのはみんなわかっているのです。
民主党も自民党もその他の政党も、現実には集金活動の手段は違いますがお金は大切なのです。(宗教法人も一緒かな?)
 そんなときだからこそ、タヒチの地震被害、救援や啓蒙活動の報道が欲しいと思います。
 
(政治家、お役人、マスコミの方は、勤勉で素直な国民ですから利用限度はありません。どうぞ、十分利用してください。)

posted by byおっさん at 15:59| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | たわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月03日

両手であっためればすべて〇

大雪で新年を迎えました。
東京から友人達が暮れからきて、吹雪の中でのスキーをしたり、DVD鑑賞やら、酒飲んで飲んで過ごしていたら、例年のごとく初詣はいかずじまいです。
さて、今年も、「△・◇の凸凹人生で、×はなし、両手であっためればすべて〇」で進もうと思う。
前向きに、失敗や落ち込みも人生の思い出のシーンとして、とらえられるよう心を空っぽにして、自然の吐息で無理せず、もし、心にわだかまりが溜まってきたり、苦しくなったら、自然の中、山や川や森にいって大きな声で腹のなかのもやもや虫を出してこようと思う。
さあ、笑って、飲んで、健康に行きたいものです。
posted by byおっさん at 15:51| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | たわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月26日

不況で見えるもの

巷の経済は株価の下落、
グローバル化で世界同時不況
金融機関は国からの補助で国有化?
限りなき経済の発展は完全にストップ?
近い将来、今までの価値観が崩れるのではないか


冬を迎えれば夏が恋しくなり

山に行けば、海に行きたくなり

上になれば、額に汗を忘れ

お金を持てば、若い娘に憧れ

白髪が出れば、髪の毛を染め

健康に月5回の ゴルフ三昧

老化でしみそばかすはエステして

昨日焼肉、生ビール、

今日はお魚、白ワイン、

明日は菜食、活性水

それで毎日、サプリメント数十種類

過去を自慢し、未来を忘れ

何かが違うよ、自己中の50代


さてと欲張りオッサンは、
せっかく不況になったんで
不況をおかげさまと考えられるように
人生観や身の回りを見てみようかなと思います。
意外な発見、おどろきが・・・・。
とりあえずは一汁一菜、断食、ちとやって







posted by byおっさん at 19:57| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | たわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月14日

間違いだらの○○

情報は一方通行です
お国を信じてきました。
マスコミも信じてきました。
老舗の伝統も信じてきました。
何事も一部分しか見えないから
何事も手に届かない仕組みだから
そう、信じていくしかない私たち
  餃子にしろ 
  薬害にしろ 
  年金にしろ 
  お家にしろ
わからないから みんなと同じ判断で
安心、安心、一安心 

早朝の、かんじきできる雪を散歩です。
鳥たちが、ざわめきはじめます。
川の吐息で、もやがかかります。
頬が、凍みます。
まつ毛は、霜がつきます。
ザク、サク、サク、サク
とても気持ちがいいです。
でも、2月です。
空が開き始めます。
まだ、間違いなく東の山からです。

自然が直接教えてくれるのは真実です
posted by byおっさん at 10:26| 長野 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | たわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月10日

雪ですか

 いやあいいね
 あちこちこちで雪ですね。 
 
  雪デス
白い白い天からのたより
 待ち続けた大地
  
 涙で濡らし よみがえる大地
  『人間にゃ冷たいさ』
 
  雪デス
 白い天からの愛
  待ちわびた 生きている者たち
 
 強くきつく 抱きしめる大地
   『人間にゃ愛はないさ』

 
 
posted by byおっさん at 11:05| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | たわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月13日

空しい日々もあるよね

 連日のように、大変悲しい尊属事件が起きていると思えば、世界各地での異常気象や、温暖化現象による被害、かたや経済は変調で、所得の2極化、金の高騰、株価の低迷、後を絶たない偽装問題、etc。
知る権利は情報操作で?無意味となる情報だけが知らず知らずに興味本位(無関心が原因?)で入ってしまい、本等に必要なものはかくれんぼしてる。オッサンも含め国民皆、評論家して批判や意見が賑わうばかりで行動へのエネルギーは無、人との交わりも薄く浅く都合よく、嫌となればすぐボタンひとつでクリアできてしまう。本当に便利な都合のいい時代になりましたね。

でも、このままで行けばこれからどうなってしまうのだろうか、地球も!人も!世の中も!みんなこのまんまでもいいのだろうか、少しでも変えていく、見直しをしていかなければ?と思っている人は大勢いると思うのですが?憂えているばかりではどうしようもない事わかっているよね。考えましょう、動いてみましょうよ。(信州ゆばたけ村 村民募集です)
 そう実践、行動だけども、そんな事を言いながら、オッサンは毎日、朝から夜遅くまで年中無休でがんばって働き欲でお金を稼ぎ、大事な生き方をどこか心の隅に追いやって毎日を過ごすのが多いのですけどね(反省)・・・。 
 そして時々、家族を養うためにお金は必要、自身の物欲があれもこれもが出て欲求を満足させる事で、人生、自分が楽しければいいジャンと肯定する自分と、そんな自分自身がとっても嫌になる日があります。
 そういう日は、必ず、バイオ工場で生成過程の段取りに試行錯誤の挙句に失敗したり、試験車が壊れたりして、何でこんな油まみれで、何のためにするのか、壁に当たっています。(その時、逃げてしまう自分にアドバイスをもらえる人がいてがんばれます、ありがとう)

 それでも、一人の力でなく、バイオ関係の人達だけでもなく、オッサンの生きてきた中で係わった人が大勢いてくれるので、持ち前の明るさとプラス思考が復活していきます、ボタン一つの関係では無理なのです。
いやー!人生難しいことはない簡単です、夜が来れば朝がお迎えに来てくれます。
 
 さてさて、気持ち入れ替えて、ありったけの笑顔と感謝の気持ちをもって、残り少ない人生思いっきりと、ケツに鞭打ち奮起です。(だけどもパワー不足!の今日この頃ですので、誰かお力をー!!)
posted by byおっさん at 10:36| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | たわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月22日

ハチドリのしずく

 tukimi1.JPG メシメに、月見草の実を収穫していたら、荒廃した畑が見事復活したので隣畑の90歳になる現役農家の元気なおじいさんにお礼を言われ、何をするのと聞かれたので、月見草を増やす話やら、菜種を蒔いて油を搾り、車を動かすことなど、土手で話しこみました。この暑さは地球温暖化に関連してることなど得意げに話をし、おじいさんは長生きしすぎたこと、あまりにも便利になったことなど昔話をした後、このままで行くとどうなるのか言われたんで答に困り、ハチドリのしずくの話でごまかしました。森がそのまま燃え尽きたのか、それとも動物たちが、それぞれ力を出して消し止めたのか想像してくださいと付け加えてね。

    森が燃えていました
    森の生きものたちは われ先にと 逃げて いきました
    でもクリキンディという名の
    ハチドリだけは いったりきたり
    口ばしで水のしずくを一滴ずつ運んでは
    火の上に落としていきます
    動物たちがそれを見て
         「そんなことをして いったい何になるんだ」
    といって笑います
    クリキンディはこう答えました

    「私は、私にできることをしているだけ」
     
           出典・「ハチドリのひとしずく」 光文社刊

 「ふ−ん、おもしれー話知ってるな」、納得してくれたのか、笑顔で「おめえ、若えからがんばってくれや」と肩を軽くたたいて、立ち上がり帰られました。そうだまだ若いかとつぶやき、もう一汗掻きました。
tukimi2.JPG
posted by byおっさん at 15:50| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | たわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月26日

青春の唄

先生は俺をさん付けで呼んで、
親はチャン付けで、ペットと同じようにかわいがり
ジイさんバアさんは、いつでもお金をくれる
先生という存在が、いつのまにか偶像に変わってしまった
学校には親も俺も、期待や満足しなくなり、塾が大流行。
それでも学校に行き、授業中はわからなくても、
黙って座り続けることでみんなを、安心させる。
でも、学校を出たからといって、
何かが約束されることはないこと、わかっているんだ。
そして、何も変わらないということも
おれたちみんな、一人一人は、
優しくて、いいひと人ばかりさ

これがおれたちの青春 引くことが大切な青春


目立つことは控え、個性を消し、無理をせず、
みんなのまねをして、嫌われない自分でいることが大切なんだ。
なりたい職業は、特別なく、しいて言えばサービス業さ
出世とか、競争とかは無関係、毎日が過ぎればいい
運動したけりゃ、ゲームでテニス、野球
好きな料理は、コンビニ、マック、カップ食
同じ趣味、同じ考えの仲間だけでのコミニュテイ
つまらなければ、絵文字と引き言葉の会話、
飽きたら、仮想の世界の王子様
そして、ケイタイあれば何もいらない
おれたちみんな、一人一人は、
優しくて、いいひと人ばかりさ

これがおれたちの青春 引くことが大切な青春
posted by byおっさん at 13:08| 長野 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | たわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月23日

自然のゴミ

統一地方選が始まりました。
気になっていた高知県の東洋町の町長は、原発ごみ反対派が応援した沢山氏が当選しました。過疎や財政難である町に対して、交付金という餌を国はぶら下げたのですが、町民は、お金より、ふるさとの環境を守る意志が強かったので、よい結果だったと思います。
 日経新聞によると、世界で建設・計画中の原発(2006年末)は82基、日本が建設中3基、計画中11基(内7基は既存敷地内の増設)の合計14基で世界で1番多く、稼動中の原発は、米国、フランスについで、3番目だそうです。
 原油価格の高騰や地球温暖化問題の対応(CO2の排出が少ない)で新エネルギーとしても原子力を見直される風潮を発生させ、飴を用意し、都合のよい解釈をさせてしまう原子力行政があると思います。おっさんも人事のように、安全、危機管理のデタラメさや、高レベル放射性廃棄物処分問題等、様々な問題を忘れて、消費し、便利さに甘えてしまっている現実を見直ししなければと思う。
 原子力エネルギーを薦めている方たちは、科学技術や経済の発展はこのまま成長していくことが前提で考えられていると思うのです。そして、こうも考えているではないでしょうか、来るべき食糧危機も遺伝子の組み換えの活用で大丈夫と思っていることでしょうね。
  
     石の油は、自然の汗で
         石の炭は、自然の墓で
             ウ・ラ・ンは、自然の爆弾だ
       
              そして、人間は、自然の汚物である
posted by byおっさん at 20:58| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | たわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月13日

すんだ気持ち

 ふとしたことで、忘れられてた記憶がよみがえった。
上田で、おっさんがあこがれてた人の1人であった灰谷健次郎さんを語る会が開かれることだった。行きたいけど、行けないくそー)
 淡路島での自給生活や、保育園の開園、渡嘉敷島でのみんなで分け合いながら助け合う土着生活。そして、とにかく人生の真ん中に子供を入れて物事を考え、子供から大人へのメッセージを発信してくれました。そんな中、断片的な記憶の中で小学校の低学年が作った詩を覚えています。(本探しますけど、こんな詩だったと思う)

     かねもちよりやさしいひとがえらい
     やさしひとよりかねのないひとがえらい
     なぜかというとかねのないひとは
     さびしいけどよくがんばっていきているからだ


記憶の詩は、すこし違うかも知れないけど、子供の感覚、すごいって思ったたのです。
そして今あらためて、素直で感じたままの子供のの心をずっと持ってたいなって思ってます。(おっさんのメルヘンでやんす。)
 
 凝固してしまった記憶に さびた釘を打ち付けた
      
      砕かれた破片は、地面に落ち、粉々のかけらは                           
 僕のめがねとなり消えた
  
   少年がやってきて かけらを大切に拾った

    それは、

   両手から羽ばたくように舞い上がり、青空の波になった                           

                 
 
posted by byおっさん at 00:25| 長野 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | たわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月03日

投票に行かれません

県議会議員選挙が始まって、あいも変わらず同じフレーズで連呼してます。
勝てば官軍、当選すれば大先生、ペコペコ頭を下げるのは市民です。
今日は、CATVのこと。公設民営という手法で、わが市は予算11億を使って地域情報基盤整備事業、光回線ケーブルの敷設を行うことになりました。民間でできることは民間に任せることをせず、市が行う意味はあるのか疑問ですが?民間でできることにお金を使わないで、市がして欲しいことは沢山あると思いますけども。(議会の先生様!)
@インターネットを利用しない世帯までが、回線の敷設料を負担するということ
A光回線を使ってまで、市民の為にできる行政サービスが、迅速に必要なものかということ
 IT技術は、日々進歩してるのに、ましてや、高速無線通信(光回線並みの速度)が免許が取得できれば、2008年から全国のCATV会社(140社)などがサービスを始め、また、NTTなど大手通信も参入計画するそうです。(日経新聞記事、抜粋)
アンテナ設置すれば約3kmから10kmのエリアが可能で、移動中も使用でき、ケーブル回線が不要なので(中山間地が向き)、ケーブル敷設のコストが削減でき、その結果、加入者は有線回線でのデータ通信よりも低価格でサービスを受けることができるそうです。
 当市が行う方式は、電気供給器(何箇所いるの?)が必要なので、供給器へ落雷が多くなり修繕費、電気量の維持費、ケーブルの積雪や倒木等の断線の損傷が考えられるなど心配なこともありますが、管理運営(維持費は?)は、民間だからいいのか?“賃貸料”、高くしてね(投資利回りよく)。えへへ、加入者が増えなければどうなるのだろうか
 まあ、道路の整備や上下水道の整備と同じレベル(行政を掌るお偉い皆様方)で考えたほうがよさそうです。
    アーア、投票日は、出張にするかな。
posted by byおっさん at 21:33| 長野 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | たわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月27日

地震

アーオーアー  大地があくびをした
グーグーグラ  大地が目覚る
グラグラグラ  大地が背伸びした

ゆらゆらゆら  木々が歌いだす
ふあふあふあ  草花が踊り始める

シゼン交響曲第5章 【地の響】が始まった

シーーーン   人々は沈黙する
シクシクシク  誰かが泣きだした
ヒソヒソヒソ  誰かが話し始める


ゴー ダンプの音  ガー  ブルの音
             
                 演奏中止! 
  
 かすかな余韻に、大地にひれ伏す人々

    ヒューーヒューー 大地の割れ目から

    怒りの風が アッパーカウントをくらわせ
    
              人工脳を炸裂させる 

     ア・ン・コ・ー・ル・イ・ラ・ナ・イ・・・・・


posted by byおっさん at 10:22| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | たわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月17日

おっ・お・御大臣殿

 気になりませんか 某大臣殿が飲んでる水
1リットルンがン万円もする水ってどんな味がするんだろうか

自分で稼いだお金じゃないからね(税金だぜ 御大臣)
東京は時給1000円(あたりまえ)、長野の田舎は時給700円(やっとこさ)
農家や商店 大赤字、跡とりさんはみな都会(嫁さん婿さん来やしねえ)
70・80・現役農家でバリバリだ(ピンピンコロリは幸せよ)

 本当は違うものにお金使っているのじゃないかと思っている僕だけど?・・・(信用してますよ!わが大臣殿)
 お気に入りの水にある付加価値が、それほど大切に考えているのなら、企業の温暖化ガス削減の排出権がお金に変換できる今、環境に貢献している農山村の持つ付加価値にお金をつけてくださいよ(糸目をつけずにね、担当大臣)。
 そして、付加価値を区別化してお金を出していただけたら、食糧生産としての大規模農家、川や空気をきれいにする循環型の農家、100種類も作って食べれる生きがい農家等々、それぞれの立場で活躍できる場ができ、大都市偏重型の社会が見直されると思います。
   ”オラ、田舎さいくだ”と、かえるの大合唱がはじまるよ!ー 
posted by byおっさん at 19:21| 長野 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | たわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月12日

なごり雪

 オシム!雪だよ(監督ゴメンナサイ)、なんておどけてしまう程、久々の雪に喜んでいます(犬のDNAが暴れるのです)。昨日までは、春の息吹をあちらこちらで感じていたのに一晩で別世界になり、心地いいです。
IMG_1899.JPG
 高梨城跡
続きを読む たわごとの詩
posted by byおっさん at 10:49| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | たわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月04日

忘れもんだよね

わ・わ・忘れてターIMG_1869.JPG
何かこのごろ大切な物を忘れてどこかへしまいこんだ人(僕も含めて)が大勢いるような気がします。
 アスファルトの割れ目から大根が花を開けばがニュースになり、アスファルトを持ち上げるほどの力持ちの土筆達はなりません。ふきのとうがスーパーに並び食卓に上がっても、田舎のあぜ道に咲くふきの花は見向かれません。
 IMG_1867.JPG 春、雪が解けて、畑の雑草が騒ぎ始める前にオオイヌノフグリは一面に可憐な青い花をつけて喜び踊りはじめてます。毎年どこにでもある光景に、誰も見向きもしなくなるなんだかとってもさびしい気持ちです。

 大きく心呼吸して、素っ裸な自然の生命あふれるパワーをもらっています。 感謝しながら・・・・


posted by byおっさん at 14:37| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | たわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。