わーい(嬉しい顔)クリックしてください。ヨロピクです にほんブログ村 環境ブログへ

2010年03月30日

経験は何よりです。

介護って、本当に経験してみるまで、こんなに大変とは思いませんでした。

父が脳梗塞で倒れ、痴呆症が現れ、その症状が進行するにつれ、生活や時間に追われている自分達をあざ笑うかのように、ゆったり、父時間のマイペースのなかで、介護をする日々となりました。

 気をつけていることは、せかせない、あわてないを基本にしていますが、予定がつまってくるとつい大声を出してしまい、怒ってしまうことがあります。その後は不機嫌な時間帯となり、なおのこと事がうまくいかないことが多いので反省はするものの、繰り返しの連続であります。
 
 でも、1日1回は笑わすこと、ほめることをして、字を書くまでに時間はかかりますが、5文字でもいいから日記を書かせています。

このごろは、排泄物、着替え、食事、どれをとっても赤ちゃんにだんだん近くなってきています。
 
 親父の閉めていく人生には、あっという間に幕を引いた母親とは違い、今度は子供達がきちんと手をかけ気持ちを入れて面倒をみなさいという指令らしいので、みな近くにいるので協力して介護をしています。

posted by byおっさん at 14:18| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月04日

かまどで炊く

事務所と倉庫だった建物を買い取り
大改造に半年費やしました。(後日公開)

念願のかまど井戸水利用、囲炉裏など出来上がり
昔の当たり前の生活を体感できる場所となりそうです。
(愛農かまどをブログで発見、適当な想像力で何とかできたが
オーブン機能がうまくいかなかった。かまど機能はOK)
今後は、パーマカルチャー目指して活動する、信州ゆばたけ村を開村して役場と寝床にする予定です。

自給自足とはいかないですが、何とか地給(地域で取れるもの)はできそうなので、かまどで炊いたご飯、囲炉裏を囲んで 、夢を語る若者・・・・都会で疲れた人・・。人生のリセットや再スタートを考えてる人・・そんないろんな人たち来てもらって 語り合ってもらえる所にしたいです。

これから少しづつ紹介していきます。

posted by byおっさん at 20:01| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月30日

激動でした

今年は、社会も大激動でしたが、
私生活も子供の結婚、孫の誕生、初めての飛行機搭乗体験
タバコの禁煙(10ヶ月になりました。)
オークションの詐欺(現在訴訟準備)
いやはや結構な波でした。

変化はチャンス

激動もチャンス

キーワードはやっぱりエコですかね。
さあ、来年に向け秘策を練るぞ

posted by byおっさん at 18:43| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月21日

半年ご無沙汰でした。

さて、復帰を果たしたバイオっさんです。

 菜種の収穫は約100kg(搾ってないよー)ありました。廃油の回収等々は順調でしたが、精製には時間と手間がとれずにいました。
そのまま廃油の利用も考えたりしましたが・・未だ試行錯誤です。

で、信州は寒いのです当面は、バイオディ-ゼル使いも廃天ぷら油も混ぜて主に暖房用燃料にしていきます。もちろん車や農機具には使いますけどそれは、自己責任で利用してくれる人のみです(バイオディ-ゼルのルポや乗トラ好調です)

さあ、何か挑戦しなきゃ生きられないおっさんです、七転び七起きしてボイラー・ストーブなどにうまく利用できる用にお腹の脂肪を燃やしてやるぞー(家を燃やさないようにしなくては)






posted by byおっさん at 20:54| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月26日

連休か

大騒ぎをした長野での聖火リレーが終了した。
何のための、誰のための聖火リレーだったのか
チベット問題も、マスコミは聖火リレーに置き換え
お祭り騒ぎにして、大成功か!何かずれてるよね
チベット問題もこれで風化してしまうのだろう
そういえば、
中国の残留農薬餃子の問題はどうしたのだろうか

さて、巷では
大型連休が始まります
休みは関係ないので、ゆばたけ村の準備と
箱山温泉でバイオディーゼルの精製だー!!
早起きの山菜取りとお天道様の下でメタボの脂を絞ろう
それから田んぼの準備をしながら菜の花の花見かな
posted by byおっさん at 19:13| 長野 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月21日

菜の花たより

信州ゆばたけ村の菜の花が咲き始めました。
これからが本番です。
P1000079.JPG


400坪の畑に菜の花が咲きました。きれいです
花見酒と行きたいのですが・・・・。
モンシロチョウが2羽、舞っていました
カメラを向けると恥ずかしいのか
春風に乗って飛んでいってしまいました。

P1000074.JPG

連休の頃は国道沿いの900坪の菜の花が見頃となりそうです。
posted by byおっさん at 16:31| 長野 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月02日

ねじれ国会もいいことだ

春ですね。さて巷では道路特定財源である税金の暫定税率がなくなり本来の税率に戻りガソリンの価格が下がりました。でも、軽油が下がっていないのが不思議です。
ガソリンは揮発油税で暫定税率で1ℓ当たり4 8.6円でしたが本来の24.3円に戻したのか、長野のスタンドは約20円引きで売られています。
軽油は軽油取引税で暫定税率は1ℓ当たりの32.1円が本来の15円になったわけですが、値下げしているスタンドは見かけません
このほかにも道路特定財源の自動車重量税(車検時に取られる)が0.5t当たり暫定税率時に6300円が2500円に。自動車取得税が暫定税率5%が本来の3%に(しかし50万の非課税枠が30万に下げられるので31万から50万の評価の車は増税となる) 
 いずれにしても、税金は仕方がないと半分あきらめかけ関心も持たずにいたけど、ねじれ国会で争点になりよかったです。そうでもなければ道路特定財源の行方など関心も持たずにいたと思います。二大政党いいことです!!(民主党は一般財源化を公約してたよね)
 そうそうもっと不思議なのが、与党の皆さんがガソリンの価格が下がればCO2排出が増え環境に多大な影響が出ることのコメントを述べていることです。
 庶民は苦しい台所で精一杯生きているのを知らないのか。(乗り回す余裕はねえよ)
 それならば環境対策、安心、安全で運送コストや環境負荷のない農畜産物の自給率向上や地産地消のために税金を見直しして、一般財源化や環境税でも作っていただきたいですね。
 税金はよくできています。取る者が執りしきり、使う者が遣いほうだい、まずは自分たち、お上のためにあると・・・。後お上は、私たち庶民に場当たり的な発想でパフォーマンスやイベントで喜ばせればいいんです。補助金や予算をたくさん取り、何かをすれば成功者で終わりです。オッサンの町でも補助金でかつては馬肉の里を目指しました。今はなき食べ物フェスタも盛大に行いました・・・。補助金で何かを興すのはいいのですが、その後の検証はないようでした?(お上は、お神、偉いのです。責任はないのですから。)
 これからは2大政党になるように政治や税の見直しや使われ方に、老いを迎える自分たちやこれから次世代のためにも関心を持ち続けていこうと思います。
posted by byおっさん at 21:26| 長野 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月01日

ピンピンがヘロヘロに

3月になりましたが連日の雪です。
10年も年中無休で早足の短足で何かしら動き続けたツケからか3週間ほど体がだるくて重く(メタポだから、正解!!)、やっと体調が良くなってきました。そういえば健康診断も20年もしてナイナー(臆病です!病院は苦手なのです。(ド内科か胃がんと胃検診!!)

 バイオ号のルポポンの故障の原因も、様々なバイオ燃料を食べさせられたのに、メンテはオイルやフイルターぐらいしかしてなく、インテーク内やエキゾスト内が大量のスラッジが溜まり、各配管関係が詰まりターボやシリンダヘッド等、様々な部品が壊れてしまったのが原因らしい。噴射ポンプは大丈夫そうなので、正月の自作のバイオ燃料が原因ではなかったことは唯一良かったですが。
(ということは、丈夫なオイラの体も暴飲暴食、タバコ。酒。etc。不安です)

 ところで来週、篤農家の皆さんが集まっている農業経営者協会の支部から再生可能な「循環エネルギーとして利用できる作物」の話をしてほしい旨がありました。聴講者はみんな農業の達人たち、『イヤーマイッタナ』が実感です。
作物なので、わからないことだらけ何をどう話すしてよいのやら、どこかのだ誰かの『机上の空論だった』?
マイペースで話ができるように、酒の力でも借りようかな
(相変わらず小心者のオッサンで。)(ド内科か胃がんと胃検診!!)

posted by byおっさん at 17:31| 長野 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月17日

光の春

 昨晩から午前中まで大雪でした。自宅は今年一番の積雪でメシメに車庫の雪下ろしをして、汗をかきました。
 
 昔の人は、『一里一尺』といいまして、北に一里行くと雪の嵩が一尺増えていくといいましたが、丁度、今日はそんな感じで自宅から南へ約4km先の事務所は、積雪差が30Cm(昔はこれが普通の冬でした)

 午後には、眩いばかりに力強い光でお天道様が現れ、一気に雪を溶かし始めます。光の春の感ですね。

 今年は、あと3月に少しドカ雪が来て里は春を迎えそうです。スキー場の方は、積雪が多くはないですが、12月に積雪があり1月が暖冬で融けた雪が凍り、2月が多目の積雪なので、春スキーは遅くまでできそうです。
  
 たくさんお客が来て、てんぷら油の消費が伸びますように!!
posted by byおっさん at 14:37| 長野 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月06日

食料はローカルで

 中国の冷凍餃子の中毒事件が発覚して、中国製に不安を抱え、買い控えをしているらしいが、我が家は弁当のおかずなどは中国産がたくさん含まれている食材や冷凍食品を使ってます。あまり、心配はしていません。(やはり時間とお金がないことと便利さで仕方がないとあきらめています)少しがんばって国産を手間隙かけて調理してみても、1ヶ月もすれば、中国製の冷凍食品や食材抜きの生活は無理なのですから。『安い、早い、便利』は『時間とお金を節約できる庶民の味方』なんですからね。で、安全は???

 でも、私たち消費者が今回の原因を作りあげてしまったのです。見栄えのする農産物を求め、労働に見合った農産物の価格を見捨て、安い外国産に走り、そのことで農家は手間隙かけても所得は上がらず耕作放棄、自給率が30%台に落ち込み食料は輸入に頼らなければならないことで、安全を置き去りにしてきたと思います。

今日、販売を再開した赤福は、早朝5時から200人も行列を作って買物をしていました。赤福の材料はもち米、小麦粉、小豆、包装、etc・・・果たして国産はいかに?
 
 経済はグローバルで動いています。食料はやはりローカルで!!と思います。フードマイルという、なるべく近くでとれた食料を食べることで、輸送に伴うエネルギーを減らし、環境への配慮をした取り組みが海外では行われ、自給率を高める政策も行われています。

 今回の問題を契機に、食・生活の見直しを考え、少しでも改善できたらと思っています。
posted by byおっさん at 10:40| 長野 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月05日

知足

 昨日、テレビで地球温暖化の特集を見ました。
何気なく毎日を暮らしていて気づかないでいるけど、世界、いや地球は経済も環境もすべて繋がっている一つなんだと再確認させられました。そして、便利で豊かな暮らしをしている私たちがこの温暖化のほとんどの原因を造っている事をもう一度見つめなおさなければ行けないと思いました。

 温暖化でヒマラヤの氷河が溶けていつ水害が起きるかわからない5,000mの山岳に住む少女たちが「ここにずっと住みたいと」と言っていた言葉と、私たちから見ればとても不便で、危険になってしまった場所を守るために村人総出で石積みの堤防を手造りしてた場面に目頭が熱くなりました。

 禅の言葉で「知足のものは貧しいといえども富めり、不知足のものは富めりといえども貧し」を思い出しました。私たちは、世界のあちこちで伝統文化に暮らしている人の生活様式を見て貧困と見てしまう、欧米化された生活様式が豊かに見えあこがれたりします。しかし本当はどうでしょうか? 
      
     今日も又、悩みながらも一日を過ごします。

posted by byおっさん at 10:49| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月03日

目標

 新年おめでとうございます。

 諸般の事情によりブログ更新ができずにいましたが何とか再開です。
バイオディーゼル精製庫、地下タンクの方は、あとわずかで完成、(2月はいよいよ稼動かな?)
 そして、バイオっさんの人生も再スタートです。
今年は、信州ゆばたけ村を開村して、バイオディーゼル油のてんでん工房の発足、エコハウスの体験場の建設に取り掛かろうと思います。

エゴのエコから、少しでも地球温暖化防止に自らが実践して行こう、そして毎日を愚痴ることなく笑顔で生きられるように、精一杯生きていこうと新年を迎え心を奮い立たせています(年には負けねえヨ!!)
posted by byおっさん at 18:49| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月20日

前を向いて

 懇意にしてた会社が倒産(被害はたいしたことはないが・・・。)解雇された社員の多くは友人でもあり今週は仕事どころではありませんでした。2時間弱の倒産劇に驚き、落胆、憤り、当事者の人たちは残務と身も心も行き場がなく大変です。
 様々な相談と、力つけができるようにといつもの笑顔でふるまいますが、前兆のない倒産は頭も体も大きな穴が開いている状態で怒りややりきれなさに苦慮します。それでも何とか6日目となると、それぞれの再スタートに向けて気持ちを切り替え始めました。とにかく『上を向いて歩こていこう』を合言葉で応援していこうと思います。
 
 葬儀、倒産と続くと、人生は『色即是空 空即是色』の教えのとおりなかと、ふと思います。形あるものには実体がないと考える事で自然に心も執着する必要性もなくなるという考え方ですが、すごく難しいことですよね。そして目に見えない心の気持ちはどうなんでしょうか、心にも最後は実体がないのですかね。(イヤー ムズカシイナー)
 
 オッサン的には、悩みや苦しみやもがいたことなど、自分が苦労したことに満足することが一番の解決であり、物の見方、考えが白紙になってくれると思います。そして、あの頃精一杯がんばったんだからと笑える日々がきっと来ると思います。その日がみんなに早く来ればいいなと気持ちを込め再スタートを祈ります
posted by byおっさん at 20:03| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月16日

身近な死

 秋を満喫するはずが、秋の静けさに心がすこししぼんでいます。
 日本人の平均寿命が女性で85歳、男性80歳、すばらしく伸びて長寿国日本なったけれど80歳で亡くなった身内の葬儀を行ってみて昔は80歳は長生きと感じましたが、まだまだと感じられました。(自分も年を重ねているのにね。で、坊主丸儲けってあるんでね。)
 
 普段忘れかけていた死というものを直面すると「どういうふうに生きたか」を自問させられ、本当に生き方を考えさせられます。 
 毎日が句読点のない文章のように生きている自分は、難しいことはわからないけど『働くことを通じて』で心が修められていく生き方で、人生のページを続けていこうと思います。(句読点必要だよな。)
posted by byおっさん at 10:03| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月03日

種を採る

メシメに月見草の種を採っています。1mmも満たない小さな種です。鞘はとても硬くカケヤの小さいので叩いて割り取り出します。根気が要る仕事ですが、アンデスの先住民になった気持ちで、カケヤでリズムを取ってがんばってます(隣でケーナを吹いてくれればもう、コンドルは飛んでいく・・・)。どのくらいの油が搾れるのやら、いずれにしても超稀少です。
   kakeya3.JPG   tukimi.JPG
posted by byおっさん at 12:21| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月23日

若習老戒

 日経新聞社が首都圏に住む20代の若者を対象にしたアンケート調査(1737人から回答)の結果が日経の朝刊に掲載されてました。記事には、2000年時の調査結果の比較で、車がほしい人の割合は、48.2%から25.3%に半減、車、家電、AV、海外ブランドなど物を持つこと自体の欲求があまりないこと。お酒にも関心が薄く、飲み代は、無駄遣いと感じる若者が増えていること。休日は遠出せず家にいることが多いこと、半面で貯蓄への関心は高いことなど、地味ながら堅実な生活を好む傾向で、大変興味がある調査結果でした。

 オッサンの20数年前の若者時代は(今も・・反省)、モノ、モノ、買え、買え、飽きたら捨てちゃえ、又、又、買ちゃえ、飲めや歌えの大判振る舞い、お金は天下の回り物、何とかなるさ(借金も財産の内だー)の時代を過し、放蕩無頼の癖がいまだに続いています。(おー!しょうし=恥ずかしいの意)

 経済面では、若者の消費意欲の衰退動向は大変気になることですが、地球環境からみれば今の若者はとても好い方向に向いていると思います。車買わない、酒飲まない、休日は自宅、無駄な支出はしない、貯蓄に励む。すばらしいです(新語つくりました)若い者を習い、老いた者は戒める “若習老戒”。 でも、若者が社会に不安感や将来が見えてこないのがあるのも一因ですよね。こんな時代や環境を創りあげたオッサン世代は、若者や子供たちに、何かできるはずです。  目からまつげを見ず、塊より始めよです!
posted by byおっさん at 14:51| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月17日

月見草オイル

 本物の月見草は?と思いネットで調べました。白い花で、葉がぎざぎざです。あまり見かけないようで、月見草は、レモン色の花の待宵草を一般的には呼ぶらしいです。そして、月見草(マツヨイグサ)が食用の植物だったとは知りませんでした?
海外で栽培されているメマツヨイグサは、下記のように効能がありました。
 
 二年草だが多年草もある、一年目に先のとがった長い葉がロゼット状に展開し、2年目には、茎が直立して伸び、芳香を放つ黄色い大きな花を頂生させる。
 アメリカ先住民ブラックフット族は、この植物の葉と茎をゆで、根を冬の保存食として乾燥させた。根または葉と茎は、蜂蜜で煮て、鎮痛作用のある咳止めシロップを作る。種子油は、皮ふの健康に欠かせない脂肪酸と、月経前症候群やアレルギー性湿疹を緩和し、血圧を下げ、多発性硬化症のときの赤血球の動きを正常化させるガンマリノレン酸を含んでいる。また、本種は、多動症、精神障害、関節炎、アルコール依存症、神経性食欲不振症、パーキンソン病などの治療薬の可能性を秘めている。(日本ヴォーグ社ハーブ図鑑より)
 
 でも、メマツヨイグサと今回の農地のマツヨイグサは大体の成分は同じなのだろうか?すこし不安ですが、葉をゆでてサラダで食べてみようと思います。そして、種を搾りたいです。この月見草オイルは人気があると聞きます。搾油だ搾油だチャレンジだ。・・・どうしよう搾るところは、“ど・こ・だ“?  搾油機がほしいな、作ってみようかな? 来年は菜種を搾る予定だから早めの準備か でも、おっちょこちょいオッサン、”急いては事を仕損じる“うーんよく調べて考えよっと。
posted by byおっさん at 14:05| 長野 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月16日

白沢の滝で、残暑お見舞い申し上げます

taki4.JPG taki2.JPG taki5.JPG
マイナスイオンに澄んだ緑の気が入ったミストシャワーで元気頂きました.ありがとうです
posted by byおっさん at 19:04| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月10日

エコな乗り物

エコです。今日、何年ぶりかに自転車に乗りました。(ママチャリです。)
暑気払いの飲み会が続き、たるんだお腹を引き締めるべく早朝、2日酔いの安易な発想で隣町まで車をとりに行くことにしました。日が昇る前に出発、涼しさと風を切る感覚に軽くペダルを踏み込んでご機嫌でした。稲穂が持たれ始め、風と戯れている田園風景を見ながら走るのは気持ちがいいのです(ゴキゲンダー)。でもそれも、ものの5分間ぐらいでした・・・。少しの上りでぺダルが重く、息切れはするし、やがて、日が昇り始め暑くなるし(もう、ヤダ、ヤダ)車いいな、いやいやエコ、エコだ。と通り過ぎていく車をうらやましく見ながら、上りがあれば下りがある、ガンバ、とぶつぶつ唱え、やがて景色を見る余裕もなく、意地で約17km完走しました。所要時間50分。
こんな体力しかないことに愕然(鍛えなきゃ、○○君たのむよ)。ほんとに、脂肪だるま体型のオッサンにはきつい朝でしたが・・・スローなエコ体験でした。
posted by byおっさん at 14:55| 長野 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月05日

手間がかかる農業

ローソンが24時間営業の見直しを始めるようです。、いつでも間に合う暮らしに向けた商売も、スーパーなども24時間営業を行う中で過当競争からの撤退らしいですが、なんか新鮮に思えます。
 どこにいっても、衣食住、そしてお金まで、ましてやカード1枚でなんでもいつでも手に入る社会や、インターネットもそうですが、五感を感じない世界の取引には、利便さがあると同時に違和感も覚えます。
 農畜産物も生産履歴がわかるような仕組みも増えてきましたが、何か違うような気がします。それは、消費者や店の側のニーズに合わせているからかも知れません。これから消費者になっていく子供たちが作る物側の立場で体験する、土は教室、百姓は先生の学ぶ場の機会を作れたらいいなと思います。
posted by byおっさん at 21:09| 長野 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。