わーい(嬉しい顔)クリックしてください。ヨロピクです にほんブログ村 環境ブログへ

2008年01月27日

温暖化防止

 信毎の新聞記事に、中部電力が今年に入って長野県の電気使用量が3度目の過去最高記録更新をした記事が出ていました。確かに冷え込みが厳しい毎日が続いてます。過去にはもっと寒い日もたくさんあったのですが、特に順応性の良い?オッサン達からの戦後生まれの人たちは、どこのお店に行っても快適な空間と年中同じユニフォームで接客され、それが当たり前のようになり、職場や家庭でもボタン一つで設定される暖かさに慣れていることは反省しなければと思います。(でも、湯たんぽが売れていることはよいことですね。)


 さて、ダボス会議でもわが国の首相が演説されていましたが、リーダーシップとして温暖化防止への意気込みがなく首相の得意技、各国の調整役になりますとの講演で残念に思いました。2012年までの温室効果ガス削減を定めた京都議定書は、世界全体の2割をそれぞれ排出する米国、中国が削減義務を負っていない問題があるままで、阿部前首相の時は無知さを英国首相にされけだしてしまった事を思い出しました。本当に洞爺湖サミットでのご活躍はいかなるものになるのかと思います。

 国会ではガソリン税を上乗せた税金の使途を道路に限定するか、税金を減税することで選挙を勝とうとしてもめていますが、そんな単純なことでなく将来を見据えたエコロジー的な発想で税制改革の問題として取り上げてほしいです。環境先進国のスウェーデンを見習い、エネルギー税、二酸化炭素税(電力、石油、石炭燃料が対象、バイオ燃料は非課税)、二酸化窒素税など検討して、温暖化防止や環境問題に使えるようにしたらと願います。
posted by byおっさん at 11:03| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 物言い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。