わーい(嬉しい顔)クリックしてください。ヨロピクです にほんブログ村 環境ブログへ

2007年09月01日

百匠農業

 コメントより答えます。百匠とは、おおざっぱに言えば文化なのです。もちろんオッサンの大先輩が作り上げてきた、自然から教えてもらい、それに応じる里山文化です(なくなってきました。)
 
 かつては、オッサンの住む地域も僻地といわれた40数年前の頃は、ほとんどが農業をしていて、その人々のなかに、祭りの笛吹き名人、着付け名人、米や野菜つくり名人、魚捕まえ名人、味噌作り名人、ムジナ捕り名人、きのこ捕り名人、研ぎ名人、井戸ほり名人、仕立て名人・・様々な匠の持ち主がいて、地域の人同士が教わり、助け合い、楽しみながら暮らしてきてました。又、今で言う気象予報士がいて種撒きから収穫の適期を教えてもらえたり、おととい、ウサギ追いさせられウサギを撃ってた猟師が、昨日、鍬もって畑にいたけど、今日は、神主に変わったりして、子供の時は匠の人たちへの不思議さと、妙な憧れを持ちました。
 
 やがて、時代はかわり価値観は金や物になり、時間は金に、収入を得るためにサラリーマンへ、農業も儲かる作物に転換し(単一化)、自家用の野菜も細々に、自家加工品は手間と時間がかかるだけで儲からないから止め、今は耕作放棄まできています。
 
 でも、農業だけでなく、他の産業でも同じで匠は健在ですよね、農業は作物や自然の求めに応じられ、職人は素材を生かし、修理屋は機械の悲鳴を聞くことができる、マニュアルでなく自分の五感で読み取り、聞き取り、又、働きかけや求めがわかることができることが仕事になり、匠となりイコール文化となります。
 
 何の技もなく、五感も研ぎ澄まされていないオッサンはせめて、名もない匠のわかる人ととなり、応援団として何かできたらと考えているのです。
posted by byおっさん at 11:37| 長野 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご教授有難うございます。
百匠・・・概略は分かった気がします。

反論になるかも知れませんが、ちょっと私の話を披露させてください。・・・産業界も企業も『匠的人材』を切り捨ててしまっています。

@クラシックカーを治せる人はディーラーには居ません。
ドイツ車と共に仕事ができるということで就職した人たちに対し、『修理より販売実績!!』という方針に拠り、『修理ベテラン』はそこを去ってしまってます。

A鉄道事故、航空機事故、発電所事故、食品関係事件、・・・すべてに対して思うことですが、
B目利き、勘所、・・・所謂、『マニュアルを超えたこと・所』に配慮が出来るベテランを捨てた、斬った、其の行為の『ツケ』がいろんな問題に繋がっていると思います。・・・『ソロソロ問題が起きそうだな。この小さな問題を放っておくのはあとあとヤバイ。今のうちに次を考えておかないと・・・などなど』。

C以前に貴殿が指摘されていました。『若者の車離れ』。
この件に纏わる話は長くなるので割愛しますが、
D要するに、若者たちも、見捨てられたのです。
若者を育てようという意識が大人から消えたのです。

E企業ではベテランを早期退職制度で捨て、正社員よりもパートを雇う傾向強く、新人よりも中途採用を・・・。

F若者から失われたもの・・・『冒険、チャレンジ、夢、苦しいことに敢えて挑む、若いときの苦労は買ってでもしろ!、・・・死語となった言葉はおびただしい』。

************************************************

Gそこで、バイオです。
燃料自作。原料栽培。ディーゼル車復活。Lohas。・・・これらの仲間との交流。バイオイコール地球環境保全。保全イコール次世代への配慮。次世代を担う今の若者を間接的に応援することに繋がるバイオ。
『消費ではなく、生産』。生産の為に『農業・林業・(藻栽培は漁業?)・・・の復活!!』。

H誰かがやらねば。気づいた人が、先ず実践せねば。
幸い、バイオには仲間が一杯居ます。でも、バイオ仲間が、『単なる仲良しクラブ』では、事は進みません。一人ひとりが本当の意味の実践者でなければ、推進しません。

I私は、車屋です。幸いなことにディーゼルに関心をもった方から『バイオディーゼル関連』のお仕事を戴いております。バイオディーゼル車が増えることが、上述の諸課題解決への私の答えです。
バイオディーゼル車を増やすことが私の使命です。
Posted by ベンツ at 2007年09月02日 09:23
同感です。
実践者、いい言葉です。やはり基本ですね。

バイオ方面は、燃料精製は場所の関係で倉庫改装中、今は、原料生産のため荒廃農地を借り準備中。調達から消費するまで自己完結を目指してます。ゆくゆくは、バイオマス体験施設をみたいな事したいです。風呂は直焚、いろり、かまどで、車や農機具はバイオ燃料、ランプに発電機等・・。

また、いろんな面に力お貸しくださいませ。
Posted by オッサン at 2007年09月02日 10:08

大会を無事終える事が出来ました。
 ステージに立てた事が嬉しく、応援頂いた事に感謝の気持ちでいっぱいです。

 やれることはやりました、でも結果は思うように振るいませんでした。
 また懲りずに長野のトップを目指し1から初心に帰りコツコツやっていきます。
 本当にありがとうございました。 
Posted by max at 2007年09月11日 15:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。