わーい(嬉しい顔)クリックしてください。ヨロピクです にほんブログ村 環境ブログへ

2007年06月07日

想いだしてごらん

  春
 
 ふきっ玉とり じいちゃんばあちゃん喜んで
 ふき味噌食べて苦笑い
     
     夏
 
 でっかいクヌギでクワガタ捕り 川で魚捕まえて
 ずぶぬれ泥んこ気持ちいい
        
        秋
 
 栗ひろい アケビとり 藁の山でかくれんぼ
 帰りあぜ道カラスと一緒に唄いだす
           
           冬
 
 鼻水拭いたハンテンの袖ピカピカ ホッペは真っ赤
 転げまわった雪の上 雪だるまが動いてる

 ふと思った
      
     あの時の風景は今もそこにあるのに
             
            なぜかどこにも見当たらない

posted by byおっさん at 10:01| 長野 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
現代の人々
春〜花粉症で外に出たくない
夏〜暑いからクーラーの効いた部屋でゲーム
秋〜食欲の秋といい、甘いスイーツで舌鼓!
冬〜寒いから暖房の効いた部屋でまったり。

便利になることで、人間のカラダも弱くなり見失われていく風景も多くなってくるんですね。
Posted by マックス at 2007年06月07日 15:02
あいがとう。そうなんです。
マックスさんはきっと一芸は道に通ずる人ですね。

人それぞれ、無意識の中で
元風景をどこかに持ってるのです。

で、まずは丈夫で健全な体作り
そして、たくさんの思い出づくり

Posted by byおっさん at 2007年06月07日 22:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。