わーい(嬉しい顔)クリックしてください。ヨロピクです にほんブログ村 環境ブログへ

2007年05月22日

美しいってか

 阿部首相が【美しい国づくり】をスローガンにして、国民にあなたが思う、日本の“らしさ”“ならでは”とは、何ですかと問いかけ、答えを募集している。又、今度のサミットでは、日本政府が環境対策で【美しい地球】を表明するらしい。何がなんだか口先だけのイメージ先行で、明確なものが見えず、『あなたが思うきれいなお化けを教えてください』と聴こえます。現に、首相のリーダーとしての指導力のなさから(だから○○室たくさん作ったんだよってか)、京都議定書の温暖化ガスの削減の目標達成にもさまざまな利害関係で黄色信号が点滅しています。
 本物の日本の美しさは、農・漁山村にあります(文化・自然・人々等)でも、そこは自然豊かであると思われていますが、どの地域においても、少しずつ温暖化の影響で、生活を脅かす変化が少なからずおきています。(長野では今年の暖冬、極少の降雪・春は寒暖の激しさ)

 ゴア元副大統領のドキュメント映画【不都合の真実】は、『目を覚ませ』『この地球の危機だ』と叫んでいたように思います。映画を見なければ、こんな警告や注意に驚きませんでしたし、関心も深まりませんでした。(ゴア氏に拍手)
お上の人たちこそ、日本のならではの官僚主義を途絶えさせ、政治家は仮面を自らの手で引き剥がし、【美しい国づくり】の募集要綱の一つ「これから作り上げるべき美しいもの」にならなければと思うのです。(覆面とったら選挙応援すっからよ!)素にもどり、裸になれば、大企業に偏らず、地方と都市の格差、経済的格差に目をむけ、日本の原点の農・漁山村のもつ持続的な経済活動が見直され自然の大切さがわかるのではないでしょうか


posted by byおっさん at 23:54| 長野 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
『政治商売人』に期待するのは、無理です。
『全く、商売が旨い』・・・・環境問題の『大きな、強い』セミナー・シンポジウムに【宣伝】に来ます。
【宣伝・売り込みマン】のスピーチを認める、そんな【セミナー・シンポジウム】も、糞喰らえ・・・です。

おっっさんの馴染みの【信濃・・・NPO】に政治家が関わっていますか?
私の印象で言うと、『たとえ関わっていても関与度は低い』と、思えます。
Posted by ベンツ at 2007年05月23日 09:14
元農水省の官僚でしたが、篠原議員(民主党影の農林大臣)が混牧林牧場(ブナ林の再生と放牧)の組合長として関わっています。昔から農産物の地産地消を唱えていた方で、お話したことないですが、政治家らしからぬ素朴な感じがします。実家の弟さんは専業農家でがんばっています。
Posted by byおっさん at 2007年05月23日 10:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。