わーい(嬉しい顔)クリックしてください。ヨロピクです にほんブログ村 環境ブログへ

2007年05月21日

チェック・チェック

 廃てんぷら油のバイオディーゼル燃料に関心を持っててから、様々な出会いがあります(感謝)。かつては、自己中心で自分だけの見える範囲だけでしか物事を考えなかったのですが、子供たち世代へよりよい環境や社会を伝えなくてはいけない世代になりました。おっさんたちが、声をあげて行動していく事は、まず自分たちの生き方を反省し、見つめなおす事が大切だと思います。そのひとつに、政治や行政に対して無関心を装うことはやめて、あいまいさや、馴れ合いを直さなければと思います。互いに【言う事は言い、やる事はやる】ですかね
 今回、おっさんは、私たち代表の市長や議会が決めた超高速インターネットの整備について、(ほとんどの市民が不便と感じてないと思われるのですが?)今後の行政をチェックする意味で質問書を作成してメールしました。

                     
質 問 書 

市では市と旧村の情報格差の是正をするため、情報通信基盤の整備に10億を超える予算で実施しようとしています。超高速インターネットの整備は民間企業でも着工していますので、民間に任せれば良いと思うのです。しかし、市は民間では利益の上がらない地域は整備されないのでインフラ整備と同様に市内の隅々まで敷設し、高度情報化を推進していくようですが、下記のことについて、研究会、審議会等で検討されてないようでしたので質問します。

質問1
家庭への引き込み線が光ケーブルのFTTH方式か同軸のFTTC方式については、検討されたようですが、IT技術は日々進歩します。地理的要因が不利な地域に向いていて、維持費、設備費など安く抑えられ、どこでも使える高速無線通信(光回線並みの速度。アンテナで、半径6kmから12kmまでのエリアが可能)による整備案はなかったのですか。
(免許が取得できれば、2008年から全国のCATV会社(140社)などがサービスを始め、NTTなど大手通信も参入計画があるようです。日経新聞より)
質問2
所有していてもパソコンを使えない人や、パソコンを持たずに携帯電話だけのネット利用者(第2世代:ネット全体の比率22%。2005年度の統計、日経新聞より)が増えています。又、市内の賃貸住宅においては、比較的新しい物件は賃貸管理会社独自のプロバイダでのネット化が進んでいます。少し以前の賃貸住宅は、現状での利用が難しく、貸主の引き込み工事費等の負担により、賃料増額や利用料負担で借主の支払総額が増えると予想されます。これらのことについてはどのように考えたのですか
質問3
パソコンを持たない人やインターネットを利用しない市民が整備費(敷設費)の負担をすることになりますが、ネット社会にいない人達との情報格差の開きをなくすためにどのようにしていくのですか
質問4
ケ−ブルテレビに加入することにより、今は無料でテレビ(NHK受信料は別)を見られるのに、工事費の負担や月々2100円の利用料がかかってしまう事や旧村との利用料の差額があるのはどう考えられたのですか
質問5
FTTC方式は、電源供給器が必要になり、そこに落雷が落ちる可能性が増えると聞きました。もし、そうだとしたら、その数だけ落雷の確率が増えることになります。電源供給器の設置数と電気料はどのくらいのになるのでしょうか、
質問6
公設民営ということで、敷設整備費は市が負担するようですが、ケ−ブルテレビへの賃貸料はいくらになるのですか。又、電源供給器の電気料金、雪害、倒木による断線の修理費、などの維持費、管理費はどちらが負担するのですか

上記6項目の質問に対する回答を、忙しいこととは存じ上げますが、平成19年5月末までにお答え頂きますよう、お願いします。尚、同一の文書は地元紙に送付することの考えもあることをお伝えしておきます。



付 記
要 望 書

行政としても最低限の情報整備を行い、情報の機会均等は大切だと思います。しかしながら、市やケ−ブルテレビの現在の説明では、娯楽や情報収集などで、民間企業が行う事とあまりかわらず情報の質、情報の価値に魅力を感じられません。私たち市民はケ−ブルテレビに加入する義務はないのですから、市はこの光ケーブルを使って、どれだけ市民のための【行政サービス】を考えているのでしょうか、その内容により加入者が増えることにつながると思います。各地域で予定の説明会では、計画されている行政サービスの施策を具体的な例をあげ、わかりやすくお願いしたいと思います。
 そして、今回、整備されても、中高齢者、障害者等の人達、経済的な弱者の人達が取り残されないように、一方通行的ではなく、ゆったりと人と人とがつながったやさしい市の側面がある行政を要望します。

                   

  

posted by byおっさん at 15:32| 長野 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 物言い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
意見書、要望書、ですか。

超高速インターネット整備を自治体が実施すると言うことでしょうか。・・・自治体がやるというのは私は初めて耳にします。
NTTやCATV会社や地方の有力企業の関連会社がやっている・・・つまり、免許を取得して、民間会社がやるというものだと、思ってますが、バイオおっさんの地区では、『自治体がやる』のですか。本当にそうなのか、私の勘違いだったら、すみません。
Posted by ベンツ at 2007年05月21日 21:51
自治体ですよ。市にしてもらいたい事は、たくさんあると思うのですがね。残念です
Posted by byおっさん at 2007年05月21日 22:20
そうですか、自治体ですか。

住民の『声』『・・・インターネット整備への要望』が大きいのなら、仕方ないかも知れません。逆ならば、それこそ『余計なお節介』ですよね。自治体の財政を投じる行為ならば、慎重に、それこそ貴殿の発する意見書・要望書に真摯に答えねばならないでしょう。
Posted by ベンツ at 2007年05月22日 07:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。