わーい(嬉しい顔)クリックしてください。ヨロピクです にほんブログ村 環境ブログへ

2012年01月30日

遮水シートは大丈夫?

遮水シートをネットで調べてみました。
日本遮水工協会 http://www.nisshakyo.gr.jp/pdf/kikaku.pdf#search='遮水シート'
耐久性については、15年を目安とする考え方が一般的であり、期待寿命は50年以上に高まっていますが、日本遮水工協会の独自基準化では、遮水シートの材質については、15年を目安として、各項目評価、判定を行ってているそうです。

そこで、遮水シートを2重にしたり、保護マットを入れたり、また、遮水シートの下には不透水層を作ったりもしている処分場もあるとのこと。

つまりは、子や孫の代までは耐久性がないことである。産廃の重金属も心配であるが、近い将来、とても心配な放射性のセシウム(それ以外の放射性の核種があるかは、わからない)が地下水とかで検出されたら、今回、焼却灰の受けいれていることについて(今後、除染後の廃棄物も、8000bg/kg以下を受け入れるようになるかもしれない???)県や無関心の人たちは、経済的リスクをわかっているのでしょうか。

県、市民として、この自然豊かなふるさとを思い、考え直してもらえなければとても残念です。
posted by byおっさん at 19:51| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/249384402
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。