わーい(嬉しい顔)クリックしてください。ヨロピクです にほんブログ村 環境ブログへ

2011年04月21日

田んぼだ

原発事故で何か調子がいまひとつなんですが(親父の具合と一緒か?)

めしめに田耕しを始めました。(5時は明るいよ)
とんびやムクドリが舞い降りてえさをつつきます。(うめーうめー)
そういえば、ひばりが鳴いていないなあ?(のどかです。)



今年ももちろん無農薬、無科学肥料です。(鶏糞やわらは昨年すきこみました。)
昨年の反省から、今年は連休明けには代掻きをして、雑草の種を発芽させて
田植え前にもう一度代掻きをして雑草処理してみようと思います。(笑われる)
ただ、心配なのはかぶとえびなどの昆虫の成長がどうなるかです。


 動物や昆虫や植物は、時が命を与えてくれます。
 人も時が過ぎれば悲しみだって忘れることができます。
 
 自然は時とともに生まれ、
            育ち、種を残し、
                   生まれ変わっていくことができます。

おろかな人間の英知で作り出された原子力、この世になかった恐ろしい放射性廃棄物、
何万年という時を経ても、消えることはありません。(誰も生きてはいない?) 
大自然と時という力を借りて人智の力が挑んでも 解決策はないのです。”それが現実”
 
 100000年後の安全http://www.youtube.com/watch?v=HCdp_uHZ8e4

だから、ここで原発やめよう!! 子や孫やまだ見ぬ子たちのために

 さて、明日もめしめに田耕しをして、大正生まれの親父の介護して、ほんと幸せです
       
posted by byおっさん at 21:03| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。