わーい(嬉しい顔)クリックしてください。ヨロピクです にほんブログ村 環境ブログへ

2011年03月30日

原発事故に思う

 東北地方太平洋沖地震、また長野県北部地震で被災された皆様、そのご家族の方々に対し、心よりお見舞い申し上げます。

 被災され方達に何もできない自分に、毎日自問しながら家では、夜はストーブなど一切の暖房もなしにして、ラジオ生活をしています。
そんなことをしても、何もできない自分をとてもつまらなく思えたときに、毎日生きるのに精一杯で、避難生活を送る小学生の「天をうらまない」といった言葉に感動を頂きました。長丁場の復興になるので自分ができることで応援をすればと思いなおし、少し不便な生活も続けています。

さて、毎日、政府と東京電力の説明や対応にいらだちとむなしさでいっぱいの原発の事故に思います。
これは、人災だと思います。国策で原子力発電は安全で、地球環境にやさしく温暖化の防止になると吹聴して、国民をマインドコントロールしてきました。
原子力発電は止めることはないので夜間は電気が余り、エコキュートやIHなど電気を多量に消費する生活の推進に、自分たちも安全だの、環境によいと思っていました。
しかし、原発の事故対応では、すべての電力会社は企業倫理からは安全などという言葉からかけ離れて、不可解なことがあまりにも多いことがわかりました。人をコントロールできても、自然はどんな人智を持っても向かってもコントロールなんかはできません。経済至上主義と科学技術信仰が大惨事を起こしたのだと思います。

いつの時代も国や大企業の安全神話には裏がありました。水俣病、薬害エイズ、アスベストetc。これで大丈夫なんてありえないと思います。でも、私たちは、何も知らなくても、危険でも、汚染されていても、生活していかねばなりません。国策により振り回され、しわ寄せされ、弱い立場にいるんです。

子供たちに、これから生を授かるものたちにたいして、死の灰の降る劣悪な環境を引き継いではいけないと強く思います。

だからこの事故で、もう原発はやめようと声を出して言いましょう!!

下記資料参考にしてください

原発がどんなものか知ってほしい(全)
平井憲夫
http://www.iam-t.jp/HIRAI/pageall.html

元GE技術者・菊地洋一さん講演
http://www.stop-hamaoka.com/kikuchi/kikuchi2.html

よくわかる原子力
http://www.nuketext.org/yasui_koufukin.html

3月28日厚労省との交渉報告
http://www.jca.apc.org/mihama/fukushima/mhlw_kosho110328.htm
posted by byおっさん at 17:30| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 物言い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。