わーい(嬉しい顔)クリックしてください。ヨロピクです にほんブログ村 環境ブログへ

2010年06月23日

田の草取り

 早朝より出社前3時間みっちり一週間、手と人力除草機で田んぼで悪戦苦闘、未だに5分の1ほどしか終えません。肩が筋肉痛、腰がイテー

いつも百姓してて、昔の人は良く働いてすごいと毎度思います。で、オッサンも負けずに、機械などない頃の当時の人のようにがんばってみたのですが、完全にダウン寸前です。

 何でそこまでやるのっていわれるけど、「好きなんです。百姓って」答えるだけですけど、米高く売ってのお金目的ではないから、もっとも大変な仕事に近所の人が不思議がるのかもね?本当に道楽ですかね。
自分でも朝起きれば田んぼや畑にいる変なオッサンと思います。そうそう、近隣の田んぼは草知らず、除草剤が効いてすごいなあと思います。
でも、いつかは田んぼに蛍が乱舞、蝶やトンボもめだかも復活だあ
 
 いつもながら、誰に頼るわけでもなく、一人でショボン、一人でファイト、一人でエヘン、でも昆虫や生き物が喜んでいる。
クレソンを蛍の幼虫ごと根こそぎ採られも、毎夜、わずかながら蛍が乱舞してくれてます。うれしいです。

 情けないのですが、一気に草が生長して稲より大きくなってきてしまったのと、体がいうことを利かないため、エンジン式除草機を購入しました。ミニエースという機械です。早速今朝雨の中試運転です。イヤー機械はいいもんだなあ、つくづく思います。こんなに楽できるなんて感激です。明日はワールドカップと同じ3時30分に起きそうだ?
目指せ、長友!!1条を100m、往復200mをしなければ草がうまく刈れないので耐力、脚力勝負です。

 ところでバイバスを走る車や、水汲みに来る人はあのオッサン、ここ2週間毎朝、田んぼの中で何をしているのだろうと見ているんだろうなあ?







posted by byおっさん at 20:05| 長野 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/154236392
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。