わーい(嬉しい顔)クリックしてください。ヨロピクです にほんブログ村 環境ブログへ

2010年02月05日

忘れちゃ困る原子力発電!!

 中国電力が計画している上関原子力発電所(山口県上関町長島)の建設は、昨年埋め立て工事に着手、12月には原子炉の設置許可を国に申請しました。祝島漁協の人たちは約29年間、自分の生活を守るためではなく未来の自分たち子孫のために豊かな海を守りたい一心で、中国電力による漁業補償金の受け取りも拒否して阻止し続けています。

 でも、住民のなかでは長い間、推進派、反対派の住民同士の対立を生んでいます。
 ここまでして、原発を誘致する必要は果たしてあるのだろうかと疑問に思う。確かに原発が建設されると自治体に莫大な交付金が入り、町の財政は潤い安定し、様々な形で住民は恩恵に恵まれることだろうと思う。しかし、かたや、環境や自然が破壊される心配があります。この海は空や地の果てまでも繋がっています。そして、自分達の命までも繋がっています・・・・・・・・・。

 果たして地球温暖化など環境保護を進めてようとしている鳩山政権下では、原発はどうなるのか。エネルギー政策の大転換となってくれるのだろうか?
 そして子供達の未来まで、『上関原子力発電』の行く末が深くかかわっていくと思う。

 そういえば、『六ヶ所村ラブソティ』の映画を作った人たちが、ミツバチの羽音と地球の回転http://888earth.net/index.htmlを自主上映方式での上映会を5月から始めるらしい。
持続可能な社会の未来やヒントがたくさんあると思う。さて、今回は準備期間を設けて、中野ではどのような形で進めてればいいかなと思う。
とりあえず、ぶんぶん通信のDVDを購入し、DVDの上映会を見る仲間作りからはじめようかな。

ぶんぶん通信とは 映画「ミツバチの羽音と地球の回転」の制作過程を公開するビデオレター
posted by byおっさん at 13:36| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 物言い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。