わーい(嬉しい顔)クリックしてください。ヨロピクです にほんブログ村 環境ブログへ

2009年12月29日

自給だ、そばの実

 そばを収穫し、天日乾燥し、きふるいにかけて砂や土を除き、手間をかけたきれいなそばの実60kgは(雨の天候不良で大幅収穫減)未だにそば粉にしてありません。
 
 一茶の里、信濃町のそば打ち隠れ名人(店は持っていないが、そばは予約しておくと自家栽培の粉をひいて打って、こしょう漬けという漬物と共に真っ黒な細めんでのざるそばを出してくれます。自家製の固い、マメーという味の豆腐も、運がよければ頂くことができます。うまいのです。)のところに持っていく予定でしたが、父の入院退院、介護などで忙しくていけませんでした。

 年越しそばのそば粉は、コーヒーの粉砕機をいただいたのでそれを使用して、そば粉にしてみようと思います。
(うまくいかなければ、早そばという大根を使ったこれまたうまいそば粉の食べ方があるしな・・・エヘ。)

 初めてなのと、手間かけたそばの実ですので、そば粉の引き方を名人に聞くところ、水分含有率は16%を確認して・引くときは熱を持たせないこと、量を少なく荒く引き、80目でふるいをかけそばを選別・仕上げのふるいは60目にすることを聞きました(50目とか石臼などの粉は細かすぎて、そばはおいしくないとのこと??、細かければつなぎなくとも10割そばは楽勝とのことです。オッサンは思います、そばほど好みの個人差がある食い物はないかなあと?)。
 
 さて、籾と同様、そばの実も水分含有は16%が良いとは知りませんでしたので、まずはふるいを揃えてだから、水分は17%なので少し風に当てて乾かしてから挑戦です。
 
  楽しみ、楽しみ、贅沢三昧だー。金はなくとも食べ物は本物だー。

正月は、かまどでピザ作りに挑戦だー。もちろん粉は友人が作った地粉です。
posted by byおっさん at 18:18| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/136873694
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。