わーい(嬉しい顔)クリックしてください。ヨロピクです にほんブログ村 環境ブログへ

2010年02月11日

村の生活

ベジタリアン主義のことで考えました

様々な要因でベジタリアンになる方がいて、とても健康で過ごしてる方が大勢います。

こんな話がありました。

 にわとりの卵1個を生産するのにその7倍の飼料が必要であり、肉1kgを作るのに16kgの飼料を使っています。もし世界中の人が菜食にすると、今のままの生産で800億人分は食べていけると言われています。又、たんぱく質を得る効率から言うと、肉1人分は菜食20人分に相当するといわれています。肉を多く摂るということは、家畜用飼料として大量の穀物と大量の農地が必要であり、とても非効率な食物と言えます。


 オッサンはベジタリアンでもラクトベジタリアンでもありません。でも菜食は大好物です。
 そして、今は昔ながらのその地域での食生活や伝統食を、身土不二を目指しています。身土不二の生活とは、人や動植物、生ているものすべては、その場所で生きている土地や環境と互いに影響し合い、密接な関係を築いて、地の物、季節の物(旬の物)を食べる事で心身は環境に調和し、健康でいられる食生活のあり方です。

 今は、旬がありません。生鮮品の野菜までも、輸入品です。食品添加物があふれるほどの生鮮加工食品や見てくれの農産物、畑土は薬漬けの現実があります。
 昔は農村では、残飯や野菜くずなどをにわとりやヤギなど飼料として与え、排泄物を土返し農作物を育てたり、保存食も理にかなった方法でした。循環型の持続可能な社会でした。そうです、原点は過去となりつつある村の生活にあるのです。 
 味噌作ろうっと、お手伝い募集です
posted by byおっさん at 15:11| 長野 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。